未練がましい人に困ってます。意味・特徴・原因を抑えて対処しましょう!

    あなたの周りに元カレ・元カノの事が諦めきれず未練がましい人はいませんか?未練がましい人ってどんな人なのかな?そもそも未練がましいってどういう意味?未練がましい人の特徴・原因を学んで未練がましい人へするべき対処法を抑えましょう!

    未練がましい人に困ってます!特徴からわかる対処法を解説

    周囲に未練がましい人がいると、何かと困ることが多いのも事実です。特に自分に対して未練がましい素振りを見せてくる人がいる場合には、トラブルに発展してしまい、大変な思いをしてしまうこともあります。

    たとえ自分に対して未練がましいことをしてこなくても、未練がましい人はマイナス思考だったりトラブルメーカーだったりすることが多いため、そんな人に振り回されるのはもうたくさんだ、とも思ってしまうものでしょう。

    そんな時、未練がましい人の特徴や心理を知っておけば適切で効果的な対処法が出来るようにもなります。対処をするならばまずは知ることから…それが重要なポイントになるため、未練がましい人に悩んでいるという人は早速特徴や類義語、意味などをチェックしていきましょう。

    未練がましいとはどういう意味

    未練がましい人の特徴を知っていく前に、まずは、未練がましいという言葉の意味について見てみましょう。言葉の意味をしっかりと理解することにより、この先紹介していく未練がましい言葉の意味についての理解をさらに深められることに繋がります。

    未練がましいとはどういう状態やどういう人のことを言うのか…特徴を知る上で意味を知っておくことは大前提となるため、対処を知る前にチェックしていきましょう。

    また、英語で未練がましいとはどう表現するのかについても見ていきます。英語と日本語では言葉の選び方が違うため、未練がましい人や意味、特徴を深く知る上で英語に注目をしてみると、考えを深められるためおすすめです。

    意味は諦めが悪いこと

    未練がましいの意味は簡単に言うと【諦めが悪いこと】です。未練というのは後悔や心残りというような意味を持つ言葉や類義語になっていますが、未練がましいとなると後悔しても仕切れない、諦めが悪いという意味になります。

    諦めが悪いという言葉は良い意味で捉えるならば【粘り強い】になりますが、未練がましいという言葉はマイナスな意味や印象を持つ言葉になるため、粘り強いとは違った意味の言葉にもなっています。

    そのため、諦めたほうが良いことに対して諦めが悪いこと、またはその様を【未練がましい】と言います。

    未練がましい○○という使い方が多い

    未練がましいという言葉の使い方についても見ていきましょう。基本的に未練がましいという言葉は「未練がましい人」「未練がましい行動」というような感じで、未練がましい○○という感じで言葉がプラスされることが多いと言えます。

    また、未練がましい人や未練がましい行動を目の当たりにした時の感想や印象として、「本当に未練がましい」というような感じで使う場合もあります。

    英語では似たようなニュアンスで表現をする

    未練がましいを英語で表現するならばどんな英語を使うのか気になるという人もいるでしょう。英語の場合、未練がましいという言葉はそのままあるわけではなく、似たようなニュアンスで、未練がましさを表現することになります。

    たとえば【I’m still thinking about him.】という英語は、「私はまだ彼のことを考えています」という意味を持つものになっています。この英語には直接未練という言葉は表現されていませんが、英語の文章から女性が男性に対して未練があるということがわかります。

    また、【I still can't stop thinking about him.】こちらの英語では「彼のことを考えるのをやめられない」というものになります。先程の英語文と比べると、より未練を強調した英語になります。

    この他にも未練を表現する英語は様々なものがあり、どのように未練を表現するかによって英語の文章も変わっていきます。

    英語は使い方や表現の仕方によって未練を様々な形で表せるため、未練についてもっと知りたいという人は、英語の文章に注目をしてみると良いでしょう。より理解を深めたい人は、未練の類義語などを英語文で注目をしてみるのもおすすめです。

    また、英語の文章ではより未練を抱く心理や理由を表していることが多くあります。未練がましい、という日本語はシンプルですが、心理を想像するのは難しいという人もいるでしょう。そんな人は英語にも注目をして、理解を深めていくのがおすすめです。

    未練がましいの類義語とは

    未練がましいの言葉の意味や使い方がわかったところで、続いて未練がましいに似ている意味を持つ言葉である類義語について見ていきましょう。

    未練がましい人や行動の特徴を知る上で、言葉の意味や使い方だけでなく類義語を知っておくと、さらに理解を深めることに繋がります。

    未練がましい人への対処法では、未練がましい人の特徴や心理をよく理解した上で実践していくことが効果的となります。未練がましい人が周囲にいて困っているという人は類義語もチェックして、対処法へのヒントを掴んでいきましょう。

    諦めがつかない

    未練がましいの言葉の意味でも紹介した、諦めがつかないという言葉も未練がましいの類義語として代表的な存在です。未練がましいには様々な類義語がありますが、その中でも諦めがつかないというのは意味や印象として最も近い存在だと言っても過言ではないでしょう。

    ただ、未練がましいという言葉よりも諦めがつかないという言葉のほうが、若干マイルドな雰囲気を持っている言葉とも言えます。

    未練たらたら

    未練がましいの類義語の中でも代表的な類義語となっているのが、未練たらたらという言葉です。未練がましいという言葉よりも、日常的に使うことが多い傾向にある言葉であり、頻繁に使っているという人もいるでしょう。

    未練がましいという言葉よりも類義語である未練たらたらのほうが、より未練が残っている、後悔があることをストレートに表している言葉にもなっているのが特徴だと言えます。

    そのため、未練がましいよりも率直に感情を表現したい場合などは、類義語である未練たらたらという言葉がよく使われると言えるでしょう。

    未練がましい人の特徴とは

    未練がましいの言葉の意味や代表的な類義語について注目をしたところで、本題である未練がましい人の特徴について見ていきましょう。

    意味や類義語を踏まえた上で特徴を見ていけば、より特徴への理解や想像力を働かせられるようになっていきます。先程紹介した意味や類義語を踏まえた上で、未練がましい人の特徴についてチェックしていきましょう。

    ①元カノ・元カレのものを捨てられない

    未練がましい人の特徴と言えば、元カノや元カレとの思い出のものやプレゼントされたものをなかなか捨てられない、というものがあります。いつまでも思い出にすがっている…それがこの特徴のポイントになっています。

    中にはモノに罪はないと割り切って使っている人もいるでしょう。そういった人は未練がましいとは言わないため見極める時には注意が必要です。

    思い出のものを持っていれば元カノや元カレのことをいつでも思い出せる、またはものを持っていることによってヨリを戻せるのではないか、興味を持ってもらえるのではないかという気持ちが、この特徴には含まれているのです。

    ②元カレ・元カノとヨリを戻せると信じている

    未練がましい人の特徴には、元カレや元カノとヨリを戻せると信じているというものがあります。明らかに修復不可能にもかかわらず、まだ未練があり根拠のない自信を持ち、絶対に自分たちはヨリを戻せるはずだと意気込んでしまっているのです。

    場合によってはヨリを戻せる可能性も決してゼロではないかもしれませんが、たとえばすでに元カノや元カレに新しい恋人がいるのに、自分たちはヨリを戻せるはずだ…といつまでも元恋人に縋っている人は未練がましい人として見られてしまいます。

    この特徴は【特に根拠のない自信を持つ人】が当てはまり、恋に恋をしている状態なので周囲の意見に耳を傾けず、いつまでも現実から目を逸らすという行動に出てしまいます。

    ③元カノ・元カレの悪口を言っている

    一見未練がなさそうに思えても、元カノや元カレの悪口をいつまでも言っている人は未練がましい人の可能性大。これは悪口や愚痴を言うほどに元カノや元カレを忘れられないという心理からくる特徴になっていて、積極的に話題に出す人ほど未練がましい状態だと言えるでしょう。

    この特徴を持つ未練がましい人の多くは「別れてよかった」「あんな人最低だ」というような感じで、いつまでも元カノ・元カレに執着しています。これは別れたことを悔やんでいる、または振られたことを根に持っていて、いつまでも執着してしまっていると考えられます。


    さらにこの未練がましい特徴にはもう一つ特徴があり、特にプライドが高い人や自分を正当化する人に多い傾向にあります。別れたことが自分にとって許せない、認めたくない…そんな心理が元カノや元カレへの執着心となり、悪口を言うことで自分を正当化しようとしているのです。

    ④元カノ・元カレに執着している

    隠れ未練がましい人の特徴で多いのが、いつまでも元カノや元カレに執着しているというものです。たとえ行動や言動に現れなくても、常にSNSをチェックしていたり、元カノや元カレの情報をさり気なく周囲から聞き出そうとしたり…そんな人は隠れ未練がましい人の可能性大。

    これは未練を持つことは間違っているとわかっていながらも、別れたことに対して未練を持ち、まだ気持ちを断ち切れないことから出てしまうものになっています。

    ⑤過去のことにいつまでもすがっている

    未練がましい人の特徴には、過去に起こったことにいつまでもすがっているというものがあります。たとえば別れてから長時間経っているにもかかわらず、常に別れた時のことを気にしていたり話題に出していたり、そんな人は未練がましい人だと考えられます。

    また、別れたことではなくても、付き合っていた当時の良い思い出も悪い思い出もよく振り返っている人は、未練がましい人の可能性が高いでしょう。これは過去を振り返ることで、あの頃の幸せな思い出や出来事を思い出し、特別だった時間に浸ってしまっているのです。

    未練がましい人がする行動

    未練がましい人の特徴について注目をしたところで、続いて未練がましい人はどんな行動を起こすのかについても見ていきましょう。未練がましい人がどのような行動を取るか知っておくことにより、未然にトラブルを防げるようになっていきます。

    未練がましい人の行動は一貫性があるものが多く、先程紹介した意味や類義語、特徴を踏まえた上で見ていけば、必ず対処法に役立つヒントを得られるはずです。

    未練がましい人に悩まされている、または未練がましい人との関わりは出来るだけ避けたいという人は自分を守るためにも、未練がましい人がしてくる行動について注目していきましょう。

    ①しつこく連絡をしてくる

    未練がましい人の行動には、しつこく連絡をしてくるというものがあります。これは未練がましい人の中でも特に感情的、衝動的に行動しやすい人に多い特徴になっていて、連絡をすればするほど元カノ・元カレと繋がっていられるという心理からくるものになっています。

    また、こういった人は連絡をしなくなる=本当の別れという価値観の持ち主なので、連絡が続いている以上「関係はまだ続いている」と思い込んでいるのも特徴です。

    連絡の内容はヨリを戻したいというものから、世間話まで、する必要のない話題を延々としてくる場合には未練がましい心理から行動に出ていると考えていいでしょう。

    ②自分を正当化する意見を伝えてくる

    未練がましい人の行動には、自分を正当化するというものもあります。別れたことが許せない、または認めたくない、そういった心理から自分を正当化する意見をわざわざ伝えてくるのです。

    たとえば別れ話も終わって関係にピリオドを打ったにもかかわらず、まだ別れた時の話を持ち出し、さらに自分は悪くないと主張してくる場合には未練が残っていると考えられます。

    これは特にプライドが高い人に多いものとなっていて、女性や男性ともに多い特徴の1つです。

    また、中には自分が悪いと認めた意見をわざわざ伝えてくる人もいます。これも内心は自分は悪いとは思っておらず、しかし認めないとヨリを戻せない、気を引けないということから悲劇のヒロインを演じているのです。

    これら特徴は日頃から読み取れるものでもあるため、予め性格を踏まえれば、正当化・または悲劇のヒロイン化して気を引こうとしているか、それとも真摯な気持ちや姿勢で接してくれているのか見極められるでしょう。

    ③周囲に別れたことを言いふらしている

    未練がましい人の中には、直接本人に対して行動はしなくても、周囲に未練がましい行動をさらけ出すタイプの人もいます。

    よくある行動や特徴なのが、別れたことや未練がある素振りを周囲に言いふらすというものです。言いふらすことによって周囲から同情を引き、復縁や気を引ける可能性を高めようとしているのです。

    特にこの行動は女性に多いと言えます。女性は未練を自覚していなくても、自分の素直な気持ちを感情的になった瞬間、周りに話してしまうことがあるため、別れた元カレはいつの間にか外堀を埋められていた…なんてこともあります。

    未練がましい人の心理状態

    未練がましい人の特徴や行動を見てきたところで、そんな特徴や行動の中にはどんな心理が隠されているのかについて見ていきましょう。未練がましい人への対処法を知る上では、心理を知って上手く対処していくことも必要です。

    自分を認めてほしい

    未練がましい人の心理には、自分を認めて欲しいという心理が隠されています。これは別れなどで一度拒絶されたことに対して大きな不安感や焦燥感に駆られ、それをなくすために認めて欲しいという心理が芽生えてくるのです。

    この心理は未練がましい人の中でも、男女問わず見られる大きな特徴・共通点にもなっています。自分を認めてもらいたい、否定されたことを認めたくない…そんな心理状態が未練がましさに拍車をかけていると言えるでしょう。

    自分の非を認めたくない・なかったことにしたい

    未練がましい心理の中で、特にプライドが高い男女に多く見られる心理なのが、自分の非を認めたくない・なかったことにしたいという心理です。

    これは自分を認めて欲しい心理のさらに上をいくものとも言えて、より周年が強いものとなっています。

    未練が残る原因や理由には自分が拒絶された、または自分が何か過ちを犯して否定されたことがあり、それを素直に認められないからこそ、未練を相手に押し付け、未練を解消することで欲求や心理を満たそうとしているのです。

    未練がましくなってしまった原因とは

    なぜ未練がましくなってしまうのか、それには原因がいくつかあります。未練がましい人に対しての対処法を知る上で、原因からアプローチをかけていくことで効果的に対処が出来るようになります。

    今回は未練がましくなってしまう原因を3つ紹介していきます。どれもが未練がましい男女に当てはまるものになっているため、未練がましい人に対して対処をしていきたい男性・女性は是非参考にしていきましょう。

    ①別れてから大切さに気づいた

    未練がましい理由や原因には、別れてから大切さに気づいたというものがあります。これは男女ともに多く見られる未練がましい原因になっているため、自分自身も経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

    付き合っていくとお互いとても近い距離になってしまい、当たり前ではないことを当たり前だと思ってしまうものです。そのため、別れたことによって当たり前だったことが当たり前じゃないことに気づき、大切だった、大きな存在だったと別れたことを後悔するのです。

    特にこれは恋人の存在に甘えすぎている人に多く見られる未練がましい原因になっています。日頃から恋人に対して上から目線でいることが多い人は特に陥りやすい原因になると言えるでしょう。

    ②恋人がいない自分が嫌だ

    未練がましい原因には、恋人がいない自分が嫌だ、認めたくないというものがあります。この原因の場合、別れた恋人に対して情があるというよりかは、恋人がいないフリーな自分に対して不満がある、かっこ悪いと感じていることが心理に当てはまります。

    こういったタイプの男女は、恋人をアクセサリー感覚のように見ている節があります。口や頭ではそうは思っていなくても、恋人の必要性をアクセサリーやステータスのように捉えているため、恋人がいなくなった状況や嫌で未練がましく追いかけてしまうのです。

    ③プライドが高すぎる

    単純にプライドが高すぎるというのも、未練がましい原因になる大きなポイントになっています。プライドが高い男女は自分の非を認めたくない、相手を下に見ている時が多いため、別れたことや振られたことが自分にとって信じられない出来事となっているのです。

    そんなプライドが折られたこと、自分を否定されたことが許せず、それを撤回させるために別れた恋人を未練がましく追いかけてしまうのです。

    特にこれは原因②でも紹介した、恋人がいない自分が嫌だとも共通するものがあります。恋人がいない自分が許せない、プライドが傷つく…そういった状態から抜け出すために、必死に未練がましく追いかけてしまうと言えるのです。

    未練がましい人への対処法をご紹介!

    最後に、未練がましい人への対処法について見ていきましょう。未練がましい人は上手く対処をしていかないと思わぬトラブルに発展させられてしまう恐れも出てきてしまいます。

    適切に対処していくためにも、先程紹介した特徴や心理などを踏まえた上で、未練がましい人への対処法をチェックしていきましょう。

    ①徹底的に距離を多く

    未練がましい人への対処法としておすすめなのが、徹底的に距離を置くというものです。この対処法は男女ともに効果的な対処法となるため、未練がましい人に困ったらとにかく距離を置くことを意識してみると良いでしょう。

    いくら未練がましい態度や行動を取られたとしても、距離を予め開けておけばそういったアプローチをする機会すらも奪うことになります。特に未練がましい男性・女性との関係をとにかく切りたいという人は、思い切った対処法になるのでおすすめです。

    もし職場などが一緒で距離を置くのが難しいという人は、極力未練がましい男性や女性との接触を控えてみたり、必要最低限の会話のみで留めたりするのが良いでしょう。

    未練がましい人の特徴や心理をチェックしてみてもわかりますが、未練がましい人の多くは自分を認めて欲しいという心理や、自分のプライドが許さないという欲求など、自分本意な気持ちで動いていることがほとんどです。

    もしかしたら徹底的に距離を置くことに対して後ろめたさが出てしまうこともあるかもしれませんが、それに応えたところで自分が幸せになれる、報われる可能性は決して高いとは言えません。

    未練がましい人は未練を押し付けている時点で自分のことしか考えていないことが多いため、情に流されることなく、徹底的に距離を置いてアプローチする機会を相手から奪っていきましょう。

    ②連絡先をブロックする

    未練がましい人は基本的に自分をアプローチしていくことしか考えていないため、自分勝手な行動や言動で自分や周囲をトラブルに巻き込んでしまうことがほとんどです。そうなると自分だけでなく周りにも迷惑をかけることになるため、適切な対処法で防いでいくことが大切です。

    そんな対処法としておすすめしたいのが、連絡先をブロックするというものです。未練がましい人は直接的なアプローチだけでなく、LINEや電話などでアプローチしてくることが多いため、それらを対処していくことが未練がましい人と自分との距離を開けるポイントとなります。

    特にLINEなどは無料で使えて無料で気軽に電話出来るということもあり、未練がましい人からしてみれば都合がいいことだらけでもあります。時には時間帯を気にせずに連絡をしてきて、日常的に大きなストレスを感じる原因になる場合もあるため積極的にブロックをしていきましょう。

    また、連絡先だけでなく注意をしたいのがSNSの存在です。SNSはたとえアカウント同士をフォローしあっていなくても、気軽に見れてしまうものがほとんどであり、匿名からのメッセージなども受信出来てしまうものがほとんどです。

    未練がましい人はとにかく自分の存在を認めさせたいことに躍起になっているため、SNSを通じてアプローチしてくることも少なくありません。また、SNSは一歩間違えば炎上や個人情報漏洩などの恐れも出てきてしまうため、トラブルを回避することはとても大切です。

    未練がましい人はどんな手段を使ってもという心理を持ち合わせていることも多いため、SNSは即座にブロック、または匿名や見知らぬ人からのコンタクトは出来るだけ拒否・ブロックするように設定しておきましょう。

    ただし自分だけ気をつけていても周囲の人間に対してアプローチや情報提供を求めてくるケースもあります。そのため、よくSNS上で絡むことの多い人物などには予めこういった被害があるから気をつけて欲しいと伝えておくのがおすすめです。

    また、万が一被害にあった場合には嫌がらせや無理のある要求などはしっかりと証拠に残し、度が過ぎたトラブルや被害などが起きた場合には被害を訴えられるようにしておきましょう。

    ③周囲に相談をする

    未練がましい人からのアプローチで悩むことがあったら、周囲に相談をしておくことも大切です。これは未練がましい相手が同じ環境にいる、いない、関係なく、とにかく未練がましい人からのアプローチに困っている、被害を受けていることを訴えておくことが大切です。

    未練がましい人の心理は自分本位であり、周りが見えていないことがほとんどです。そのため感情的になった際、何をするかわからないという恐怖を持ち合わせているのも事実であり、特に相手が男性だった場合、女性は力関係では敵わず、大きな被害を受ける場合もあります。

    また、相手が女性の場合でも先手を打っておくことが大切です。社会的に男女関係では悲しくも男性側が冤罪のような形で不利になってしまうこともあります。言いがかりなどをつけられた時に、予め被害を周囲に伝えておけば理不尽な思いをすることを防げるのです。

    さらに、未練がましい人の特徴や心理を見ていくと、プライドが高い男性・女性が多いというのもわかるでしょう。本人からしてみれば相手に非を認めさせることで優越感を得たいというものがありますが、未練がましい行動をしていると周囲から認知されれば行いを改めることもあります。

    これはプライドが高く自分しか見えていない状態が、周囲からの指摘によって「これ以上未練がましい行動をすると自分のプライドがさらに傷つく」ことに気づけるからなのです。プライドが高い人は周りの目を気にする傾向にあるため、かなり効果的だと言えるでしょう。

    また、職場の上下関係が原因であまり周囲に言えないという人は【業務に支障が出る可能性がある】という名目で上に掛け合うのがおすすめです。もしもの時のために記録を残しておき、いざという時に提出をすると考えれば強い武器にもなるでしょう。

    未練がましいという言葉について紹介しました!

    未練がましい言葉の意味や類義語・英語に注目をしてみると、男女問わずの未練がましい人への対処法がわかってくるものです。今まさに未練がましい人に悩まされている人は、特徴や男女に多い傾向を考慮した上で、適切な対処法を導き出していきましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ