「やきもちをやく」とは?使い方、漢字、心理・特徴を一挙解説!

    「やきもちをやく」という言葉は恋愛などでよく使われますが、由来や意味は何なのでしょう。また、恋愛においてやきもちをやく男女やライバルにやきもちをやく人の心理・行動はどうなっているのでしょうか?今回は意味・使い方・漢字から、心理的特徴までを詳しく解説します!

    「やきもちをやく」人の心理とは?

    みなさんは「やきもち」をやいてしまったことはありますか?女性も男性もやかれたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

    恋をするには、避けて通れない「やきもち」ですが、どうしてやいてしまうのでしょうか?そしてどのようなシチュエーションでやいてしまうのか、解説していきます。

    好きな人にやきもちをやいてしまう意味や心理状態!

    日常生活では、一体どんな時にやきもちをやいてしまうのでしょうか?例えば「好きな人が他の女性と仲良くしている」「男性が勉強や仕事の方が興味があり、全然構ってくれない」など色々あります。

    やきもちをやいてしまう心理状態や意味、条件を知ることで、必要以上にやいてしまい辛い思いをしてしまうことや、好きな人にやかせ過ぎないようにすることができます。反対に、男女の「恋の駆け引き」としてわざとやきもちをやかせることもできるでしょう。

    やきもちという、心の不思議をしっかり学んでいきましょう。

    やきもちをやくの意味は?例文や漢字の使い方まで!

    「やきもちをやく」を文学的に詳しく解明していきましょう。成り立ちや使い方を知ることで「やきもちをやく」という精神状態について詳しく知ることができます。

    やきもちとは一体どのような意味をもっているのでしょうか?

    やきもちをやいてしまう原因や特徴、対処方法などを知りたい方は、飛ばしていただいても結構です。興味のある方は、やきもちについてしっかり学んでいきましょう!

    やきもちをやくの由来や意味は焼き餅に関係がある?!

    やきもちをやくというのは、「焼いたお餅」に関係していると聞いたことはありませんか?「焼き餅」とは言葉の通り、火で炙って焼いたお餅を意味します。

    嫉妬することを妬くということから、お餅の「焼く」という言葉と掛け合わせて「焼き餅を焼く」と表現するようになったという説があります。

    女性が拗ねて頬を膨らませる様子が、焼いたお餅と似ているからやきもちをやくと表現するようになったという説も世の中に出回っていますが、こればこじつけであるという見解が多いようです。

    やきもちをやくの「やく」は妬くとは同じ?

    やきもちのやくは「妬く」と意味的には同じものと考えていて良いでしょう。

    やきもちをやくということは、対象者を羨ましく感じた時など起こります。妬くという意味も、多少の差異はありますが、大方同じ意味で使われている場合が多く「やきもちをやく」という言葉の由来や意味から考察しても同じものと言えるでしょう。

    やきもちをやくの使い方は?例文で紹介!

    普段何気なく使っている方も多い「やきもちをやく」という言葉ですが、正しくはどのように使ったらよいのでしょうか?

    やきもちをやく相手は、男女関係、家族、または勉強や仕事、ペットなど人ではない場合もあります。

    様々な場面で使われる言葉ですが、よくある例としては「彼は私より、あの女性とよく話している気がしてやきもちをやいた」「あの男性は、僕より頭が良くやきもちをやいた」など相手の状態や、待遇に不満を持っているという意味で使用される場合が多いでしょう。

    やきもちをやくの正しい漢字は?

    「やきもちをやく」は漢字で書くとなると「焼き餅を焼く」のか「焼き餅を妬く」のかどちらか迷ったことがある人はいませんか?

    やきもちをやくとは、一つの慣用句として日々使用されています。意味的には「妬く」という語句を用いたくなりますが、「焼き餅を焼く」が正しいという意見が多いです。

    しかし、「焼き餅を焼く」と表現してしまうと、本当にお餅をやいているような意味に見えてしまうので「やきもちをやく」と平仮名で記されることが多いと言えます。

    やきもちをやく人の心理的特徴

    やきもちをやいてしまう人は、特徴的な心理的状況に陥りやすいということをご存知でしたか?やきもちをやくタイミングや意味を知ることが、相手や自分の感情を理解することにつながります。

    自分はやきもちをやきやすい、また恋人にやきもちをよくやかれてしまうという人は注目です。やきもちの秘密を解明していきましょう。

    やきもちをやく人の心理的特徴①どんなときも一番に愛されたいと思う

    やきもちをやく人は愛されたい、という認証欲求が強い方が多いのです。とにかく「一番になりたい」「評価されたい」と感じます。人は男女関係なく、認められることで心が満たされ、落ち着くのです。

    特に好きな人に対しては思入れが強く、人一倍感じてしまうでしょう。好きな人は「自分の全てをを認めてくれる人」と思っていることが多いので、その欲求が爆発してしまうのです。

    やきもちをやく人はいつでも自分の事を一番に思ってくれないと不安になります。よって、好きな人が少しでも他の人を気にかけてしまったら、やきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやく人の心理的特徴②自己肯定感が低い

    やきもちをやく人は、自己肯定感が低い人が多いのです。男女問わず、自己肯定感が低い人が増えています。自己肯定感とは、「自分に対しての評価」という意味です。

    やきもちをやいてしまう人はこの自己肯定感が低いがために、自分自身の評価が異常に低く「自分なんかだめだ」と思っています。恋愛に対しても、自信がないのでちょっとしたことで不安になってしまうのです。

    この不安から好きな人に対して、大したことではないのにやきもちをやいてしまうことになるのです。

    やきもちをやく人の心理的特徴③すぐに嫉妬し独占欲が非常に強い

    やきもちをやく人は、嫉妬しやすく独占欲が非常に高い傾向にあります。なんでも独り占めしたい考えており、しかもすぐに人を妬みうらやましいと思ってしまうのです。

    好きな人となれば、尚のことです。付き合っていた場合は特に、好きな人は自分の所有物のように感じているので独占欲が大きくなってしまいます。いつもどこでも自分の物だけにしておきたいのです。

    よって、好きな男性(女性)が自分と離れて違う異性と居るだけで、嫉妬心と独占欲に苛まれ、やきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやく人の心理的特徴④自分の考えを相手に共有させたがる

    やきもちをやいてしまう人は、自分の考えを相手にも分かって欲しいと思っています。分かって貰うだけでなく、同じように共有して欲しいと考えているのです。男女とも自己中心的に物事を考える人に多いやきもちです。

    もし、自分の考えと違う事を好きな人が行動しようとした場合、自分の思い通りに動いてほしいと思ってしまいます。しかし、まったく同じ考えを持った人など存在しないので、どうしても思い通りに行かず、不満に思ってしまうのです。

    この不安が募り、上手くいかない劣等感などから嫉妬が生まれ、やきもちをやいてしまうという結果になるのです。

    やきもちをやく人の心理的特徴⑤好きな人の元カレや元カノに負けたくない

    男女問わず、交際相手の元恋人を気にしてしまうと、やきもちをやきやすくなります。自分が、前付き合っていた人よりも、「女性(男性)としての魅力に欠けていたらどうしよう」と感じるためです。

    また、付き合っていた人が連絡を取ってきた場合、負けてしまうと考えている場合が多くあります。よって相手に対してやきもちをやいてしまうのです。

    特に男性は物の整理を気にしない方も多く、女性と「以前付き合っていた写真や思い出の品」で喧嘩になってしまうのはやきもちが原因といえるでしょう。

    やきもちをやいている男性の心理・特徴とは?

    やきもちをやいてしまう男性の心理について解説していきます。やきもちというと、女性のイメージですが、実は男性も意外とやいてしまうものです。

    男性が一体どんなきっかけでやきもちをやくのか、気になる女性も多いのではないでしょうか?男性のやきもちをやきやすい心理的特徴を5つご紹介していきますので、是非チェックしてください。

    やきもちをやいている男性の心理的特徴①他の男性の話に嫉妬している

    男性のやきもちは、好きな女性が他の男性を評価していることがきっかけになります。好きな女性が他の人のことを良く言っていると、その人の方が自分より彼女に合っているのではないかと思ってしまうのです。

    他の男性が自分の好きな女性に認められているように感じ、そこにやきもちをやいてしまうのです。男性は女性に認められたいと思うものですが、やきもちをやいてしまう人は、とくにその思いが強いのです。

    自分の好きな人が、他の人を良く言っていたり、楽しく談笑していると「羨ましい」「認められている」と嫉妬し、やきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやいている男性の心理的特徴②寂しがりやであり好きな人にもっと相手をされたい

    寂しがりやな男性もやきもちをやきやすいという傾向にあります。そんな男性は、一人でいることに不安を覚えやすく、誰かと一緒にいたいと思うのです。

    特に、恋人など、好きな女性の場合は強く一緒にいることを求めるようになるでしょう。しかし、女性側にも付き合いなどあり、ずっと一緒というわけにはいかないので寂しいと思ってしまいます。

    「寂しい」「一緒にいたい」という思いから、好きな女性との時間を奪う原因である他者に対してやきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやいている男性の心理的特徴③(女)友達に嫉妬している

    男性がやきもちをやいてしまう相手としては、他の男性だけでなく女友達の場合も多くあります。相手が男性の場合は、女性側も「彼氏を心配させてしまうかも」と自制できますが、女友達の場合は、悪気がない場合がほとんどで、やきもちに気づかないことも。

    やきもちをやいてしまう男性からしたら、「自分よりも女友達と居た方が楽しそう」と嫉妬してしまうが、言い出しにくくこじれてしまうことが多い案件です。

    好きな女性を自分だけで独り占めしたいというのは、他の男性相手だけでなく女性に対しても感じてしまうものなので、彼が不満に感じないよう友達に紹介するなど女性側も対処したら良いでしょう。

    やきもちをやいている男性の心理的特徴④男としての自信がない

    やきもちをやいてしまう男性の心理として意外に多いのは、男性自身が男としての自信がないということです。ひと昔前であれば、女性に対して「俺についてこい」という自信満々な男性も多かったですが、近年では「草食系男子」と言われるように控えめな方が多いのです。

    そんな男性は人の気持ちによく気が付き優しいのですが、自分自身に自信がない場合が多く「自分なんかと一緒にいてくれる」なんて思ってしまうことも。自信がないので、好きな女性が離れてしまわないか非常に不安なのです。

    よって、好きな女性と他の男性が一緒にいるだけで「アイツのほうがいいのかも」と嫉妬してやきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやいている男性の心理的特徴⑤彼女を自分のものだけにしたい

    やきもちをやいてしまう男性のすべての根底にある思いと言っても過言ではないのは「彼女を自分のものだけにしたい」ということでしょう。彼女の興味関心が他のことに向いてしまうこと自体が、不安で嫌なのです。

    誰もが、好きな女性にとって特別な存在になりたいと思うものですが、やきもちをやきやすい人はこの特性が非常に強いと言えます。愛情深いことの現れでもありますが、行き過ぎると嫉妬してしまうことも。

    彼女は自分のことを好きでいてくれているということをしっかり自覚し、満足を覚えることが不用意にやきもちをやきすぎない秘訣でしょう。

    やきもちをやいている女性の心理・特徴とは?

    次は、やきもちをやいてしまう女性の心理的特徴に注目していきます。やきもちをやきやすい状況や状態を知ることで、女心を知ることができるのです。

    また、やきもちをやきやすい女性も要チェック!自分の気持ちを深く学ぶと、無駄にやきもちをやいてしまうことを防ぐことにもつながります。女性のやきもちをやいてしまう心理的特徴を5つご紹介していきます。

    やきもちをやいている女性の心理的特徴①好きな人にもっと愛されたい

    やきもちをやきやすい女性は、好きな男性に愛されたいという気持ちが非常に強い場合が多いです。これは、自分の中に愛される女性の具体的な理想像があり、それに沿って愛してほしいと思うからです。

    しかし理想が非常に高い女性に、男性が答えることができず、不満が溜まりやきもちをやいてしまうのです。また、理想をクリアしていても更に愛してほしいと欲してしまうため、満足できる場合は少ないでしょう。

    このタイプの女性は、自分の思うようにことが進まないと気が済まず、やきもちをやかせないようにするのは難しいと言えます。

    やきもちをやいている女性の心理的特徴②(男)友達より自分を優先してほしい

    男友達が多い男性を好きになってしまった女性が抱きやすい「やきもち」は、友達よりも自分を優先してほしいというものでしょう。他人を大切にし、友達付き合いが多い男性は、予定が多く彼女と一緒にいる時間がおろそかになりがちです。

    いつも一緒にいたいと感じる女性だと、そんな男性の姿に不満を感じ、男性の関心をさらっていく男友達にやきもちをやいてしまうのです。

    可愛らしいやきもちですが、やきすぎてしまうと男性から「重たい女」であると思われたり、友達関係が上手くいかなくなる場合もあります。

    やきもちをやいている女性の心理的特徴③他の女性の魅力に嫉妬している

    他の女性に対してやきもちをやいてしまう場合は、自分自身に自信がない場合が多いです。特に容姿に満足しておらず、自信がない女性は、他の女性の魅力に嫉妬しやきもちをやいてしまうのです。

    自分の好きな人が、他の女性をに心移りしてしまうのではないかと不安に思ってしまい、その矛先が魅力的な女性へと向いてしまうのです。

    人のことを気にしてしまう性格だと、様々な女性に対して羨ましく思ってしまい、そのたびに「あの女性は綺麗だから羨ましい」とやきもちにつながるのです。

    やきもちをやいている女性の心理的特徴④メールや電話など常に繋がっていないと不安

    彼の気持ちが離れてしまうことを恐れて、メールや電話など常に繋がっていたいと思う女性はやきもちをやきやすいと言えます。これは、少し彼が自分から離れると、そのままいなくなってしまうのはないかと思ってしまうからです。

    特に女学生など、年齢の若い女性に比較的多く見られます。よくある例としては「LINEなど常に連絡を取り続けている」「寝る前には電話を絶対にする」など独占欲の強い女性の場合が多いです。

    このような女性は、少しでも連絡がつかないと不満に思い再度連絡したり、自分以外が彼と一緒にいるとその相手に男女問わずやきもちをやいてしまうのです。

    やきもちをやいている女性の心理的特徴⑤悪いことをついつい妄想してしまう

    女性は想像力が豊かな方が多いです。しかし考えすぎて、被害妄想をしてしまいがちな女性は、やきもちをやきやすいといえます。ちょっと男性が、他の女性と喋っていると「あの女性の方が好きなんだ、ずるい」など落ち込み、やきもちをやいてしまうのです。

    このタイプは悪い方向にばかり物事を考えてしまい、自分の悪い所ばかり見えて相手の女性を羨ましく思ってしまいます。

    被害妄想をしてしまうのは癖のようなものなので、ここからやきもちをやいてしまう女性はなかなか改善が難しいでしょう。

    友達にやきもちをやいてしまった時の対処法

    男性も女性も、仕事や勉強、恋など、生活をしていると様々な場面でやきもちをやいてしまうシュチュエーションに出くわします。やきもちはそれだけに心を囚われてしまい、日常生活に支障がでることも。

    無駄にやきもちをやきすぎてしまうことは、控えたいものです。

    そこで、やきもちをやいてしまった場合の対処法をご紹介します。是非チェックして、やきもちをやいてしまった場合に取り入れてみて下さい。

    やきもちをやいてしまった時の対処法①一度深呼吸をして嫉妬心を落ち着かせる

    ふとした時にやきもちをやいてしまった時は、一度深呼吸をすることをオススメします。一度心を落ち着けることで、自分の周りの状況を再度冷静な目で見ることができます。

    落ち着くことで、やきもちをやくほどの事案ではないのではないかなど気づくことができたり、拗ねた態度を取ってしまうという事を防ぐことができます。

    やきもちはその場限りの場合のものも多く、一度心を落ち着け、全体を見ることができれば、友達のことを羨ましい等という気持ちを抑えることができるでしょう。

    やきもちをやいてしまった時の対処法②友達の性格や今までの行動を振り返る

    やきもちをやいてしまった場合、その時は「羨ましさ」や「嫉妬心」に心を奪われており、相手のことが見えなくなっている場合が多いです。普段の友達の性格や行動を振り返ることができれば、やきもちを抑えることができる場合があります。

    この方法は、特に仲の良い、良く知っている友達に対して非常に有効な方法です。羨ましく思うことがあっても、友達についてじっくり思い直すことで自分の心を静めることができます。

    反対に、よく知らない人に容姿などに対してやきもちをやいてしまった場合は、適さない方法でしょう。

    やきもちをやいてしまった時の対処法③恋人の好きな人は自分であると再度確認する

    女友達と彼が仲良くしているところにやきもちをやいてしまうというシュチュエーションはよくあるものですが、これには恋人の好きな人は自分であると自覚することが重要です。

    「友達に心変わりしてしまうのではないか」というのが大きなやきもちの原因ですので、彼の普段の様子などをしっかり考慮し、愛されていると自分で感じることができたらやきもちをやかなくて済みます。

    「大好きな友達と大好きな恋人が仲良くなってくれたら嬉しい」くらいのおおらかな気持ちでいることができたら心の余裕が生まれます。自分も混ぜてもらって、男女みんなで仲良くしても良いでしょう。

    やきもちをやいてしまった時の対処法④自分のいいところを考えてみる

    仕事や勉強などでやきもちをやいてしまう時は、その相手に対して劣等感を抱いてしまっています。そこで、自分のいい所を考えてみましょう。

    最初は、何をしているのだろうと思ってしまうかもしれませんが、自分の良い所を自分で気づくことで、自己肯定感が上がり自分を愛することができます。

    自分に自信がつくと相手のことを羨ましく思うことも減るので、簡単にやきもちをやいてしまわないようになります。「相手も素晴らしい人だけど、自分もイイ女(男)!」というように相手も自分も認めることができれば、やきもちもなく良い人間関係でいられるでしょう。

    やきもちをやいてしまった時の対処法⑤心理的に落ち着くまでSNSを控える

    現代では、SNSにより友達の状況などを簡単に目にすることができます。特に女性は依存している方が非常に多いです。例え、見たくなくても目に入ってしまうという場合も多いでしょう。

    自分より、仕事も勉強も恋も上手くいっている友達に嫉妬し、やきもちをやいてしまう場合も少なくありません。その場合は、一旦情報源を断ち切ることがオススメです。

    SNSを控え、一人で散歩や買い物をしてみて下さい。心が落ち着き、情報ばかりに心が惑わされていたと気づくことができるでしょう。やきもちをやくほどでもなかったと感じ、考え直すことができるきっかけになります。

    好きな人にやきもちをやいてもらう方法とは!?

    好きな人にやきもちをやいて欲しいと感じている人は、意外と多いものです。特に女性側が、好きな男性にやきもちをやいて欲しいと思うことが多いでしょう。マンネリ化した恋のスパイスとして、適度に用いる程度だと良い刺激になることも。

    ここでは、好きな人にやきもちをやいてもらう方法をご紹介します。

    やきもちをやかせ過ぎて、相手が困ってしまわないように注意しながら試してみましょう。

    やきもちをやかせる方法①異性受けの良い格好をする

    女性は女性らしい格好、男性は男性らしい格好など、異性受けの良い格好をすると良いでしょう。自分の好きな人がいつも以上に魅力的に見え、周りからも同じように見られているのではないかと相手を思わせることができます。

    女性は、ちょっといつもより露出度の高い服を着てみてもいいかもしれません。

    また、自分と会う約束以外で、バッチリ格好を決めていた場合「誰と会うのだろう」「もしかして、他の男(女)じゃないのか」など不安に感じさせることで、やきもちをやいてくれるのです。

    やきもちをやかせる方法②女(男)として自信がある態度をとる

    自分に自信がある人というのは、それだけで格好が良く魅力的に見えます。そこで、自身がある態度を取ることで、好きな人から見る自分の評価を変えることができるでしょう。

    好きな人からすれば、「こんな素敵な女性が、自分の恋人」と感じるので、少し異性と話しているだけでも、自分から離れていってしまうかもしれないと思ってしまうのです。

    また、好きな人以外にも好感を持ってもらえるので、そこがさらに好きな人の嫉妬心をあおることができるでしょう。しかし、自信をアピールし過ぎては、嫌みな人とも捉えかねないので、相手の様子を見ながら実践しましょう。

    やきもちをやかせる方法③異性の友達と親しくする

    やきもちをやかせたくて、好きな人以外の男性(女性)と親しくするというのはよく使われる方法です。恋人としては自分が一番であって欲しいと思ってしまうものです。

    だからこそ、好きな人にやきもちをやかせるためにあえて、他の異性を優先するのです。ここでポイントなのが、優先すると言っても浮気をするのではなく、「同級生(異性)と飲みがある」など異性が居る予定を優先するのです。

    予定を優先することで、好きな人は一番を取られたような気がして、やきもちをやいてしまうでしょう。

    やきもちをやかせる方法④好きな人だけに依存していないことをアピールする

    好きな人に毎日「好き!」と伝え、いつも一緒に居たのでは、やきもちをやくことはないでしょう。そこで、仕事や趣味など、好きな人以外に興味を向けてみてはどうでしょうか?

    人は依存されていると安心しますが、その興味が他に急に移ると不安に思ってしまうものです。それは例え、人ではなくても良いのです。

    好きな人以外に関心を示し、依存していないことを示すことができれば、好きな人は自然と寂しくなりやきもちをやいてしまう場合が多いのです。

    やきもちをやかせる方法⑤自分はモテるということを匂わせる

    やきもちをなかなかやいてくれない場合は、好きな人は自分から離れないという自信がある場合が多いです。

    そこでやきもちをやかせるには、好きな人に自分はモテると思わせると良いです。異性から評価が高いとちょっとしたことで、盗られてしまうのではないかと思わせることができます。

    実際にはそうでもなくても「異性から食事に誘われた」と言ってみたり、友達伝えに「可愛いって言われてたよ」など話してもらっても良いでしょう。好きな人がモテていたと知れば焦ってしまい、やきもちをやきやすくなります。

    やきもちと嫉妬の違いとは!?嫉妬にならないための対処法

    やきもちと嫉妬の違いはご存知ですか?同じように使用されている場合も多いですが、二つの意味には大きな違いがあります。

    ここでは、そんなやきもちと嫉妬の違いについて解説します。

    やきもちと嫉妬の心理や意味の違いを解説!

    やきもちと嫉妬の大きな違いは、「相手を恨んでしまっている」かどうかです。やきもちと聞くと可愛らしく健気なイメージですが、嫉妬は憎悪が渦巻いたドロドロとした感情を意味します。

    やきもちは、先ほどもご紹介した通り、恋のスパイスとして利用もできますが、嫉妬はそうはいきません。嫉妬をすることで、物事が幸せな方向に進んでいくという事はないでしょう。

    では、やきもちが嫉妬になってしまわないためにはどうしたら良いのでしょうか?人を妬み嫉妬してしまわない方法をご紹介します。

    嫉妬にならないための対処法①高すぎるプライドは持たない

    高すぎるプライドは、少しでも上手く事が進まないと人を恨み、嫉妬につながります。ちょっとしたことで人を恨んでしまうので、日常生活に支障がでてしまうのです。特に高学歴な男性に多い傾向があります。

    プライドは適度なものであれば、向上心を生み成長につながります。しかし、高すぎるものになってしまわないように「自分にも間違ったことがある」と意識することが大切です。

    自分だけが正しいのではなく、相手のことも尊重して考えることが重要でしょう。

    嫉妬にならないための対処法②人の目を気にしない

    たとえ誰かの容姿や才能を羨ましく思っても、決して手に入ることはありません。手に入らないものを求め続けても、嫉妬心が募り心は乱れるばかりです。特に女性は容姿に対して、理想が高く、他の女性を羨んでしまいがちなのです。

    人の目を気にして求め続けるのではなく人は人、自分は自分と割り切りることが必要でしょう。

    人視点で考えるのではなく、自分はどうしたら良くなれるのか、良い状況に変われるのかを考える方が重要でしょう。

    嫉妬にならないための対処法③ネガティブな感情をすぐ口にしない

    嫉妬心に染まってしまわないためには、ネガティブな発言を控えるという手があります。ネガティブな発言というのは、最初はそれほどではなくても積み重ねることで、心が乱れていきます。

    少しのことで、他人を恨み、嫉妬する精神状態を作ってしまいかねないのです。

    辛いことがあっても、前向きにとらえ、ネガティブな発言を控えることで、心の安定を保ち嫉妬心を抑えることができるでしょう。前向きな人は、女性からも男性からも好意的に捉えられ魅力的に見えるのです。

    嫉妬にならないための対処法④自分の時間を大切にする

    嫉妬しないためには、自分自身の時間を大切にするということも大切です。人の考えばかりにとらわれ、人に執着していたのでは嫉妬心は募るばかりです。

    自分の時間を大切にすることで、自分自身を大切にすることができます。

    趣味を楽しむなど心を落ち着けることで、嫉妬心を落ち着けることができるのです。

    嫉妬にならないための対処法⑤他人を素直に認める

    嫉妬は相手を敵視しており、自分が勝ちたいという気持ちが強いがために起こります。これに対処するには、「他人を認める」ということが重要です。

    他人を認めるということは、自分を認めることにもつながります。人の良い所を妬むのではなく認めることで、自分の心の余裕ができ、嫉妬しないようにできるのです。

    人を認め、自分も認めるということができれば、心が成長しひとつ大人になることができるでしょう。

    誰かにやきもちをやいてしまったら…

    やきもちについてしっかり学ぶことができたでしょうか?

    やきもちという自分の感情について知ることは、精神状態をコントロールするためにも非常に意味を持っています。

    ふとした時に、男女関係なく誰でもやきもちをやいてしまうものです。やきもちの秘密をすることで対策をしたり、恋の駆け引きとして用いることができるのです。

    嫉妬しないで恋人と仲良くするために

    恋愛には「やきもち」も「嫉妬」も避けては通れません。

    恨みが募ってしまう嫉妬は、恋人との関係を悪くしてしまいかねないのです。嫉妬することのない、いい女、いい男を目指しましょう。

    やきもちが嫉妬に変わってしまわないように、やきもちをやく気持ちとしっかり向き合っていくことが重要なのです。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ