自己犠牲をやめて自分を大切に!自己犠牲の特徴や心理を解説!

    自分の言いたいことややりたいことを我慢する「自己犠牲」。こんな性格の人は我慢強い精神の持ち主ですが、いい性格という話かではありません。いつまでも自己犠牲を続けていると疲れてしまったり、いつか爆発してしまいます。自己犠牲について理解し、自分を大切にしましょう。

    自己犠牲の性格を直そう!

    自身が自己犠牲な性格だと、悩んでしまうことも多いでしょう。自己犠牲には気をつけたいと思っていても、心理や精神的にそういった行動や言動をしてしまうため、なかなか直せないという人も少なくありません。

    そんな自己犠牲ですが、そもそも自己犠牲とはどういった意味を持つのか、どんな心理や精神、性格を指すのか気になる人も多いでしょう。

    なぜ自己犠牲の精神や心理が出てしまうのかは、自分でもわからないと悩む人も少なくありません。自己犠牲には実は隠された心理、意外な心理などもあるため、そういった深い部分に注目をしてみると直せる可能性も高くなっていきます。

    自己犠牲は自分自身が悩まされるものでもなく、時には周囲に迷惑をかけたり、不快な思いをさせてしまったりすることもあります。

    また、自分自身では自己犠牲だと思っていなくても、周りからは偽善者や良い人のふりをしていると思われることもあるため、思わぬ誤解やトラブルを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

    そんな自己犠牲について今回は注目。自己犠牲の精神や心理を持つ自分を直したい、周りから自己犠牲する人だと思われたくない…そんな人は早速注目していきましょう。

    自己犠牲とは?

    まずは、自己犠牲とはどんな意味を持つ言葉、精神、心理なのかについて見ていきましょう。自己犠牲を知る、直していく上では言葉の意味について知っておかなくてはいけません。

    特に自分自身が自己犠牲な性格や精神を持っているのか気になる人や、自己犠牲を直したいと思っている人は、意味から対処法などを導き出せることもあるため、注目してみるようにしましょう。

    自分を犠牲にすること

    自己犠牲というのはその名の通り、自分を犠牲にするという意味を持つ言葉です。

    たとえば自分と他人に選択肢が2つあり、自分がメリットある選択肢を選べば相手がデメリットを被ってしまうという状況において、自己犠牲を働く人は自分がデメリットを被る選択肢を選んでしまいます。

    自分にとってデメリットや負担などがあったとしても、他の人にとってメリットあがるならばそれでいい、と満足してしまうのが自己犠牲の精神だと言えます。

    我慢をして周りを優先すること

    自己犠牲の意味をさらにわかりやすく注目していくならば、我慢をして周りを優先するというのがわかりやすい例えでしょう。自己犠牲というと少しわかりづらさを感じてしまう人もいるかもしれませんが、他人のために我慢をするというとイメージも湧きやすいはずです。

    こちらも例えるならば、自分にやりたいことがあったとしても、それによって周囲が少しでも窮屈な思いをするならば、自分は我慢をして周りに楽しい思いをさせてあげようという精神と言えます。

    良く言えば【譲れる人】【親切な人】というように思えますが、1度や2度だけでなく、常に自分を犠牲にし、我慢をしている人は自己犠牲の精神や性格の持ち主だと考えられます。

    自己犠牲の人の特徴や性格はこれ!

    自己犠牲の意味がわかったところで、次に自己犠牲の人の特徴や性格について注目していきましょう。

    自己犠牲の意味を踏まえた上で特徴や性格を見ていくと、なるほど…と納得出来るものも見つかるはずです。また、意味や特徴、性格などを知ることにより、自分の周りの人、もしくは自分自身が自己犠牲の精神や心理を持っているかも…と気づけることもあります。

    自身に当てはまるものがないかも振り返りながら、自己犠牲の特徴や性格を早速見ていきましょう。

    自己評価が低い

    自己犠牲の精神を持つ性格の人は、自己評価が低いという特徴があります。いくら周囲が評価をしたとしても、それを素直に受け入れることが出来ず、自己評価が低い状態に常にある人の多くは、自己犠牲の精神が強い人と言えるのです。

    自己評価が低いということは、周囲の評価は自分よりも上であるという考えを持っています。自分の中ではそう思い込んでしまっているため、何か物事を決める時などは必然的に評価が低い自分より評価が高い人を優先するほうが最善であると考えているのです。

    特に素直に人の褒め言葉などを聞けない人は無意識のうちに自己犠牲が働いていることも少なくありません。これは意識的にやっているわけではなく、自分の深い部分の価値観によって決められていることなので、本人は自己犠牲をしている意識がないというのも特徴です。

    自信がない

    自己犠牲の精神や心理を持っている人は、自信がないという特徴や性格を持っています。自分の行動や考え、能力に対して自信がないため、それならば自信がある人を優先したほうがいいのではという、自分の中での安心を選んでしまうのです。

    そういった自信のなさから他人を優先してきているため、実際に自分の能力が伸ばせないことや、意見が伝えられないことなど、様々なチャンスを逃してしまっていることも多いのが、この性格に多い特徴です。

    自信がない中でそれを克服しようという気持ちよりも、自信がないものに挑む時のプレッシャーに負けてしまい、それならば多少のデメリットや被害があったとしても精神的に気持ちが楽なほうを選んでしまうのです。

    内気な性格

    内気な性格の人の中には自己犠牲の精神や心理を持っている人が多くいます。内気な性格というと、自分の意見や考え、欲求などを伝えるのが苦手な性格であり、自己主張が少ないのが特徴だと言えます。

    内気な性格の人はそもそも主張をすることが苦手なので、たとえ自分の中でデメリットを被るようなことに対して嫌な気持ちがあったとしても、それを主張する勇気やエネルギーがないため、結果的に自己犠牲を働いてしまうことが多いのです。

    また、こういった内気な性格の人の周囲に自分本意な考えの人がいると、自分本意な考えの人にとって内気な性格の人は都合のいい存在となります。自己犠牲を働いてくれるということに漬け込み、無理難題を押し付けられてしまうこともあるでしょう。

    責任感が強い

    自己犠牲の精神や心理が強い人には、責任感が強い性格の持ち主もいます。先程紹介した内気な性格とは真逆の存在のように思えますが、責任感が強いからこそ、多少自己犠牲を払ってでも物事を進めようとしてしまうため、無自覚な自己犠牲を連発させてしまう性格でもあります。

    また、この自己犠牲を働く性格の持ち主は、自分が誰かの上に立ってリードをすることに優越感や達成感を得ています。そのため自己犠牲を働くことこそ美学だと考えているところもあり、無自覚であり、多少のデメリットすらもメリットと思えてしまうところがあるのです。

    しかしそんな自己犠牲に周囲が気づくこともあり、何でも自己犠牲の上に成り立たせようとしている姿に疑問を感じてしまう人もいます。そうなってくると協調性の乱れや考えの不一致などが生じ、結果的にトラブルに発展してしまうこともあるのです。

    平和主義

    平和主義な性格の人も自己犠牲気味の精神の持ち主だと言えます。基本的に平和主義の人は自己犠牲を常に働くということはしませんが、それでも自分が我慢や犠牲になれば丸く収まる場面になると、誰よりも自己犠牲を働く傾向にあります。

    このタイプの性格の人は、自己犠牲によるデメリットや被害よりも、平和ではない環境のほうがよっぽどストレスだと感じてしまい、自分さえ我慢すればという考えが最優先に現れてしまうのです。

    また、人に流されやすいタイプの人も多いため、情などを理由に自分にとっては平和ではなくても、周囲が平和なら…と自分で茨の道を歩んでしまうことも少なくありません。自己犠牲の上になり立つ平和ならば良いという考えを強く持っているのです。

    自己犠牲をしてしまう人の心理は?

    自己犠牲をする人の性格や特徴を見てきたところで、垣間見えていた心理についてさらに詳しく見ていきましょう。

    周囲に自己犠牲をする人がいると、何でそんなに自己犠牲を働くのか…その精神や心理に疑問や違和感を抱くことも少なくないでしょう。実際自己犠牲というものは意外にも目に見えてわかるものであり、鈍感ではない場合、周囲の目には映るものです。

    謎に満ちた自己犠牲の心理や精神はどうなっているのか、3つの心理や精神に注目をしてチェックしていきましょう。

    揉め事を避けたいから

    自己犠牲の精神や心理には、揉め事を避けたいというものがあります。特徴や性格でも注目をしてきたとおり、何かをする、何かを誰かと選ぶというのは少なからず揉め事やトラブルが起きるのではないか、ということを連想させます。

    また、自己犠牲の精神や心理の持ち主は揉め事ではなく、誰かと話し合うことが苦手という一面もあります。苦手だからこそ自分が譲る、自己犠牲をしたほうがそういった話し合いをせずに済むということから、自己犠牲を働いてしまうのです。

    さらに平和主義な性格の人は、話し合い=トラブルだと考えているところがあり、自己犠牲を働くことでそれを避けられるのであれば、という善意から自己犠牲を働くことがあります。

    自分がやったほうが楽だし早いから

    自己犠牲の精神や心理には、自分がやったほうが楽だからというものがあります。何か頼まれごとや誰かが何かをしなくてはいけない時、自分がやったほうが揉めないし、効率も良いという理由から自己犠牲を働くことがあります。

    この自己犠牲の精神は善意や周りのために、というものではありません。効率を考えたり、たとえば責任がある立場だったりすると、他の人にやらせるリスクを考えれば自分がやったほうが良いという結論に至り、自己犠牲を働くのです。

    ただしこの心理や精神の場合、何でも自分でやってしまうため、周りから仕事や作業を奪ってしまっているということもあります。そのため周囲が成長をしない、情報の共有が出来ないなど、仕事場などではかえってトラブルに繋がってしまうこともあります。

    欲求や要望を上手く伝えられないから

    自己犠牲の指針や心理には、欲求や要望が上手く伝えられないというものがあります。これは特徴や性格でも紹介をした、内気な性格や自信がない、自己評価が低い人が持っている心理や精神であることが多い傾向にあります。

    本人としては自己犠牲をしたいというわけではありません。しかし、自分の欲求や要望を伝えるのが苦手なため、結果的に自己犠牲に繋がってしまうというケースが多いのです。

    この心理や精神の持ち主の場合、周囲の人間関係によって自己犠牲の限度が左右されていきます。気遣える人がいれば自己犠牲をしない道を歩ませてくれることがありますが、場合によっては利用されたり都合良い存在だと思われたりして、損をしてしまうこともあります。

    自己犠牲はいい精神ではない?

    自己犠牲は良く言えば善意とも取れますが、今まで紹介をしてきた性格や特徴、心理や精神を見てみると、良い精神ではないかもしれない…と感じてしまうものです。

    また、心理や精神によっては結果的にトラブルに発展してしまうことや、さらに大きな自己犠牲を働くリスクなどがあるのもわかります。そうなってくると決して良い精神とは言えませんし、むしろ自己犠牲による被害やトラブルが起こる可能性すら出てきてしまいます。

    もし、進んで自己犠牲を働いていると考えている人はこれから紹介していく自己犠牲のデメリットに注目をして、自分を見つめ直してみましょう。また、周囲に自己犠牲を働く人がいたら、その人のためにも周囲のためにも気をつける必要があるため意識してみましょう。

    都合の良い存在だと思われる可能性がある

    自己犠牲をし続けていくと、都合の良い存在だと思われる可能性が高くなっていきます。特に性格や心理などで内気な性格だったり、自己評価が低かったりすると、周りを優先して自分は我慢をしてしまう場面は増えてきます。

    そうなっていくと周りは自己犠牲について申し訳無さを感じていたものの、次第にそれが当たり前になっていき、都合の良い存在として様々なことを押し付けられたり、我慢を要求されたりすることが確実に増えていくでしょう。

    人は当たり前の状況や存在に慣れていくものであり、我慢をしてくれることが周囲にとって当たり前だと思われるようになっていきます。そういった我慢を踏まえた上で話を進められることもあり、いざという時にNOと言えない状況に陥ってしまうリスクがあるのです。

    意見や考えを決めつけられることが増える

    自己犠牲の意味は簡単に言うと我慢ですが、我慢ばかりしていると周囲はそれが当たり前だと感じてしまい、その人の考えそのものだと考えるようになります。そうなっていくと、自ら意見や考えを言わなくても周囲が勝手に自己犠牲を望んでいると考えてしまうようになるのです。

    自己犠牲の我慢というのは、自分の考えや意見を伝えないということです。伝えないということは伝わらないということであり、周囲は考えや欲求を予想することしか出来なくなります。

    考えが決めつけられていけば、当然上記でも紹介した都合の良い存在として見られることも増えていきますし、自分の意見をいざ伝えたとしても本気として捉えられないということもありえます。自己犠牲は自分と周囲の考えにすれ違いを起こす要因になりかねないのです。

    自分自身が周囲の意見を決めつけてしまっている可能性がある

    自己犠牲は我慢の上に成り立つものなので、自分自身が意見を決めつけられてしまうことが多くなっていきます。しかし、実は自己犠牲を貫き続けてしまうと、自分が周囲の考えを決めつけてしまっている可能性すらも出てくるのです。

    自分が自己犠牲の道を歩むということは、他の人がその道を歩まないことに繋がります。物事にもよりますが、その道を歩むことによって何か得られることがあった場合、自分が自己犠牲の道を進むことによって周囲の可能性を摘んでしまっている恐れが出てくるのです。

    特に責任感が強い人や職場で自分がやったほうが早いという理由から自己犠牲を働いている人は、他の人はどうせやりたくないだろう、という決めつけの元行動してしまっている可能性が高くなります。必ずしも我慢をすることは周りのためになるというわけではないと言えるのです。

    自己犠牲の性格を直す方法は?

    自己犠牲をするのは良いものではないというのが、リスクやデメリットに注目をすると見えてくるものです。しかしだからといって、身に染み付いてしまった自己犠牲の精神や心理、または自己犠牲を生んでしまう性格を簡単に直すことは出来ません。

    どうすれば自己犠牲の精神や性格を直せるのか、リスクなどを考えれば一刻も早く直したいと考える人も多いかと思います。

    そこで自己犠牲を直す方法について4つのポイントを紹介していくので、自己犠牲気味かもしれない、または周囲から自己犠牲だと指摘されたことがある人は是非参考にしてみてください。

    わがままになることを恐れない

    自己犠牲の意味や特徴を見てみるとわかるように、自己犠牲をする人は我慢することが当たり前になっていると考えられます。そんなつもりや意味ではなかった…と思っていても、周囲からすれば立派な自己犠牲や我慢に見えていることがほとんどです。

    そのため、わがままになることを意識してみることが自己犠牲を直す方法になります。わがままになるというのは自己犠牲をするにとってハードルが高いことかもしれませんが、だからこそそこまで気をつけている人がわがままになったところで人並み程度にしかならないのです。

    人並み程度というのは世間一般的に言えば決してわがままとは言えません。しかし自己犠牲の人にとっては大きなわがままに思えてしまい、時にはストレスやプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

    しかしそれでも自己犠牲を直したいのであれば、何度も意味を考え、その真逆でもあるわがままな自分を受け入れる必要があるのです。わがままになることは自己犠牲な精神を持っていない人でも難しい問題ですが、自己犠牲を直すためには必要なことなのです。

    わがままと言っても周囲に迷惑をかけるようなわがままになれというわけでもありません。自分が今まで我慢をしている主張をしてみるだけでいいのです。その主張も通すことは考えず、伝えること、口に出すことだけを考えてみてください。

    いくらわがままになったところで、そのわがままが叶うかは別の話なのです。自己犠牲の人がわがままを考えると周りがそれを叶えてくれると考えがちですが、そういったことはありません。大切なのは【叶わないかもしれないけど伝えること】なのです。

    信頼できる人に自分の気持ちを伝える練習をする

    もし自分の気持ちや要望などを伝えるのが苦手でハードルが高いと思うのであれば、信頼出来る人に自分の気持ちを伝える練習をしてみてください。特にあなたのことを自己犠牲していると思っている友人や家族がいるのであれば、正直に直したい旨を伝えてみると良いでしょう。

    誰だって慣れないことを突然やれと言われても出来るものでもありません。緊張をしてしまいますし、慣れてないからこそ人一倍プレッシャーを感じてストレスを受けてしまうこともあるかもしれません。

    しかしだからといってそのままでいることは、自己犠牲の自分を受け入れることであり、自己犠牲によって生まれる自分、そして周囲への被害やトラブルを認めてしまうことになるのです。

    まずは自分の信頼できる人に対して、少しずつ自分の考えを伝えてみると良いでしょう。誰もが自分の考えを問答無用で人に話せるわけではありませんし、信頼出来る人を中心に話すことが出来る人がほとんどです。

    少しずつ自分の気持ちを伝えることにより、その状態に慣れていきます。慣れていくと自然にこの場面では考えや要望、欲求を伝えたほうがいいのかもしれない…という空気を読めるようにもなってくるはずです。

    自己犠牲の前にリスクを考える

    どうしても自己犠牲をしてしまう人、たとえば特徴や心理でも紹介をした責任感が強いタイプや自分でやったほうが早いと何でも引き受けてしまう人は、自己犠牲を働く前に長い目でその自己犠牲がどんなリスクを引き起こすかについて冷静に考えてみてください。

    たとえ今この瞬間はその自己犠牲で解決出来るかもしれませんが、それは根本的な解決とは言えず、トラブルや課題を後回しにしているだけに過ぎないのです。また、そういった自己犠牲は自己満足でしかなく、周囲にデメリットやリスクをもたらす要因にもなります。

    たしかに自分でやったほうが早い場面、責任を考えれば自分だけがやったほうがリスクを回避出来る可能性は高い場面もあります。そのため、全ての場において自己犠牲を働くなというわけでもありません。見極めが重要だということなのです。

    もし眼の前のリスクや責任の観点から自己犠牲をどうしても働きたいという場合には、多少手間がかかっても他人に物事を頼んだ時にそれをじっくりと観察してみてください。必要であれば知識を教え、自分の眼の前でリスクや責任が問われる恐れがないのかをチェックしてみましょう。

    これは自分でやったほうが早いという心理の持ち主からしてみれば、かなり手間がかかることでしょう。しかしその経験は必ず周囲にプラスになって働いていき、いつしかその手間は余裕となってあなたの元に返ってくるはずです。

    実際職場などでも出来る人や知識を知っている人が多ければ即戦力になるものです。自分だけが戦力になり、周りの人を育てずにいるということは、自分だけに負担がかかり、周りのモチベーションを下げ、さらにそのしわ寄せが自分の元にやってくることになるのです。

    周囲の意見にしっかりと耳を傾ける

    自己犠牲をしてしまう人は、意味を踏まえた上で周囲の意見にしっかりと耳を傾ける癖をつけてみると良いでしょう。これは自分の意見を伝えるのが苦手な人でも、何でも自分でやってしまう人でも共通してやったほうが良い改善方法です。

    自己犠牲というものは、ある意味自分本位と言い換えられる言葉なのです。自分がすればいい、自分が負担を受ければいい…というのは結局自分が周囲の意見や考えを考えず、自分の中で決めて解決していることでしかないからなのです。

    自己犠牲は自己満足や偽善であると言われる理由もそういうことから言えて、結局自分の勝手な思い込みで実行をしていて、さらにそれを周囲が犠牲と思えてしまうような本人の雰囲気や言動、行いなどが自己犠牲という印象を決定づけてしまっているのです。

    こうして聞いてみると、自己犠牲というものは自分勝手なものだったかもしれない…と気付かされる人もいるかもしれません。自己犠牲は時にその場においてプラスに働くことがあるのも事実ですが、必ずしもそうではないため、見極めることがとても大切なのです。

    自己犠牲を働くという決定を自分の中でする前に周囲の考えに耳を傾けてみると、今まで聞こえなかった、または聞こえないふりをしていた声が必ず聞こえてくるはずです。また、誰かが誰も自己犠牲を働かなくて済む考えを披露してくれることもあります。

    自己犠牲を働いてしまう人は周囲に耳を傾けること、決断を下す前に少し様子を見る癖をつけてみてください。また、時には人に頼ってみるのもいいでしょう。自己犠牲は1人でやるからこそ犠牲となるわけであり、複数人でやれば【協力】に変わるのです。

    自己犠牲をやめると心が軽くなる!

    自己犠牲の意味や特徴、精神、考え、そして直し方を見ていくと、自己犠牲は良い点もあるがリスクが大きく、トラブルの元になりかねないものだというのがわかりました。

    そして何より自己犠牲をやめたほうが人生楽になるのかもしれない…という希望が浮かんだ人もいるでしょう。

    最後に、自己犠牲をやめると心が軽くなるメリットをいくつか紹介をしていきます。自己犠牲を直したい人の背中を押すポイントにもなるはずなので、是非チェックしてみてください。

    周囲との信頼関係が生まれやすくなる

    自己犠牲をやめると周囲との信頼関係が生まれやすくなります。人が何故信頼関係を築けるかというと、自分の考えや意見を伝え合い、それによってお互いを知れるからだと言えます。

    お互い知らないままだと何を考えているのかも予想は出来ません。しかし多少でも仲が良い関係ならば、相手が何をしたいのか予想出来るようになっていきます。この予想出来る、出来ないというのは気遣う、空気を読む上ではとても大切なポイントだと言えるでしょう。

    信頼関係が生まれると、自己犠牲という選択肢がなくなるほど話し合いがスムーズに進んでいきます。自己犠牲というのはある意味ダムのように、自分や周囲の考えをせき止めるものになっており、それを解放することで考えや意見をスムーズに交換できるようになるのです。

    たくさんの考えや意見が行き交うようになれば、様々な案が生まれてくるでしょう。自分が思いもしなかったアイディアが仕事などに役立つこともあるでしょうし、自分の新たな考えの一部となることだってありえます。

    信頼関係を築くというのは、ただ自己犠牲を働かなくて済む環境になるというだけではありません。様々な考えに触れることにより、自分にも相手にも良い刺激を与えることになるのです。

    また、考えをスムーズに言い合える関係ならば、情報伝達不足によるトラブルを回避することにも繋がります。これは特に仕事や同じ作業をしていく関係ならば大きなメリットにもなるため、自己犠牲を働くよりも断然良い環境が生まれやすくなるのです。

    負担やストレスを感じなくなる

    自己犠牲をやめようと思っているうちはストレスなどを感じてしまうかもしれませんが、それに慣れていけば負担やストレスを感じない日々が待っているはずです。

    自己犠牲というのはたとえ自分の中で納得をしていたとしても、精神的にも肉体的にも、または時間の観点から見ても負担になることが多いのです。多少はやりづらさを感じるものですが、それが解消されていけば見えてくる世界は以前よりも過ごしやすいものになっているでしょう。

    特に自己犠牲の意味としても強い、我慢を常にしている人は知らずのうちに我慢によって自分を縛ってしまっていることもあります。内気な人や自分の意見を言えない人は言えないことで自分を縛り、負担を強いてしまっていますが、それも改善されると考えると素敵なことでしょう。

    自己犠牲というのは犠牲という言葉があるように、その意味はマイナスで、あまり良いものではありません。紹介してきたような影響は自分にも、そして周囲にももたらしていくものであり、必ずしも自己犠牲の強い意味である我慢がハッピーエンドに繋がるとは限らないのです。

    自己犠牲を進んでやってしまっている人は、これがきっと良い選択なんだ…と思いつつもどこかで疑問を感じていることでしょう。その疑問というのは些細なものかもしれませんが、実は心の中にずっと絡みつく厄介な存在となっていきます。

    そういった厄介なものに縛られない、悩まされないというのは負担やストレスを感じにくい自分を作り上げてくれるものになっていくはずです。自己犠牲を直すのは難しいかもしれませんが、自己犠牲の意味考え、少しずつでも改善の道を歩んでいくようにしましょう。

    自己犠牲を直して快適な毎日を過ごそう

    自己犠牲は実はリスクが大きい存在であるため、今回紹介をした言葉の意味や特徴、心理、そして直す方法などを参考にして、少しずつでも自己犠牲を働く自分を直していくようにしましょう。

    自己犠牲は場面によって見極めることでプラスに働くことはありますが、ほとんどの場合はマイナスにしか働きません。そういった長い目で見つめることを忘れずにいれば、自己犠牲の自分から卒業でき、快適な毎日が過ごせるようになっていくでしょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ