うるさい人を黙らせる方法は!うるさい人の特徴と対策とは?

    職場や学校に時々いる「うるさい人」。うるさい人は無視しようと思っても、なかなか難しいですよね。そこで今回は共感すること間違いない、うるさい人の特徴と黙らせる方法をご紹介!また、自分には当てはまっていないかもチェックしましょう。

    うるさい人が嫌い!なんとかしたい!

    うるさい人が周囲にいると、何かと気が散ったり、イライラとしてしまったりして、不快に感じてしまうものです。それは公共の場でもそうですし、学校や職場など、身近な環境にうるさい人がいると、大きな悩みのたねとなることもあるでしょう。

    そんなうるさい人が身近にいると、何故この人はこんなにもうるさいのだろうか…という疑問が浮かんでくるものです。対策方法や黙らせる方法、対策方法があるのであれば実践して、毎日快適に過ごしたいと思う人も多いでしょう。

    今回はそんなうるさい人に悩む人のために、なぜうるさい人はこんなにもうるさいのか…その意外な事実や心理、黙らせる方法や対策について見ていきます。職場などの身近にうるさい人がいて悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

    また、中には自分自身がうるさい人になっているのではないか…と不安に思っている人もいるでしょう。

    この後詳しく注目していきますが、実はうるさい人は自身がうるさい人だという自覚を持っている人が少ないため、もしかしたら自分がうるさい人になっている可能性も決してゼロではないのです。

    もし自分が、と不安な人やうるさい人の意外な事実を知りたい人も含め、うるさい人について早速注目していきましょう。

    うるさい人はこんな特徴!

    うるさい人を黙らせる方法、対策方法を知っていく上ではうるさい人にはどんな特徴があるのかについて注目をしておく必要があります。特徴を踏まえた上で対策を練ったほうが確実に効果があるため、職場などで悩んでいる人は是非見てみましょう。

    また、自分がうるさい人なのかもしれないと悩んでいる人は特徴を自分と照らし合わせて注目をしてみてください。特徴を知れば原因や思い当たることなども見つかるため、チェックしていきましょう。

    声が大きい

    うるさい人の特徴には、声が大きいというのは共通して当てはまります。声が大きいと無条件で周囲からはうるさいと思われる可能性が高いため、嫌いとまではいかなくても、やや耳障りかもしれない、気が散ると思われていることが多いでしょう。

    声が大きい人は基本的に常に同じボリュームで喋っているため、静かな時というものがほとんどありません。たとえ秘密の内緒話をしていたとしても、最初は小さくするために注意をしているだけで、徐々に声が大きくなり、結果的にうるさい人に戻ってしまうことが多いでしょう。

    口調が早口

    うるさい人の特徴には、口調が早口というものがあります。実はうるさい人というのは声が大きいというような特徴を思い浮かべがちですが、たとえ声が大きくなくても口調が早口なだけで、人はうるさい人だと認識してしまうものなのです。

    また、当然声が大きい人でも早口な人は少なくありません。早口な人はただでさえ忙しなく落ち着きがないという印象を抱かれているため、声の大きさが加わることにより、周囲からは騒音のようだと思われることもあるでしょう。

    自分の話が中心

    うるさい人は基本的に自分の話が中心という特徴を持っています。自分の話が中心なので、人の話に耳を貸さず、そんな態度や素振りもうるさいという印象をつけているのです。

    また、自分の話をすることに対して優越感や達成感、欲求などが満たされているため、通常よりも声のボリュームが大きくなりがちになる傾向にもあります。

    たとえば自慢話や嬉しかったことを話す時、誰もが多少いつもよりも声のボリュームが大きくなりがちになります。そういった心理や通常の声の大きさも合わさって、うるさい人という存在がより協調されてしまっているのです。

    笑い声が大きい

    うるさい人は笑い声が大きいという特徴を持っています。これは、うるさい人は感情表現豊かという特徴を持っており、笑う必要がある場面では気分やテンションがより高くなり、自然と笑い声が大きくなってしまっていると言えます。

    笑い声に関しては聞いていて不快に思う、その人自身を嫌いだと思うようなポイントでもないため、不快に思っている人はそう多くありません。しかし、他のうるさい人に当てはまる特徴を持ち合わせている人の場合だと、笑い声すらも煩わしく聞こえてしまうのです。

    人の話を聞かない

    うるさい人は基本的に自分の話ばかりしたがるため、人の話に耳を貸しません。たとえ人が話している最中でも、すぐに自分の体験談や話題などを割り込んで話してしまい、結果的に自分の話ばかりになってしまいます。

    ある程度ならば自分のことが好きなのかもしれないと思うだけですが、うるさい人の場合はそういったことが頻繁にあるため、周囲からは一緒に話したくない、話を聞くのは疲れてしまうと思われることがほとんどです。

    また、人の話を聞かずにいるため、職場などでは協調性がないと思われてしまうのも、この特徴の1つだと言えるでしょう。

    空気を読まない

    うるさい人は空気を読みません。先程から紹介している特徴からもわかるとおり、自分の話を中心に常にしているため、他人を気遣うことはあまりせず、空気を読まない発言が多くなります。

    そういった特徴や声の大きさを含めて考えると、周囲の人はうるさい人認定をしてしまい、どうにかして対策を練れないだろうか…という悩みを抱えていくようになります。

    ただ、そんな対策を練ったとしても空気を読まないうるさい人は対策や人の顔色に気づかずにいるため、より印象が悪くなってしまうということが多いと言えるでしょう。

    感情的なことが多い

    うるさい人は感情的なことが多い、または感情的な人が多いと言えます。感情的な意見や考えというものは多くなれば多くなるほどに、自己中心的、自分勝手という印象を強めてしまうものです。特に自分の主張ばかりの感情論では、周囲が嫌気を差してしまうことも多いでしょう。

    感情的なことというのは悪いことではありません。冷静に感情を伝えられる人、空気を読みつつ伝えられる人もいますし、時と場合によっては助かることも少なくありません。

    しかしうるさい人の多くは自分中心の感情論や感情的な素振りを振りかざしているため、うるさい人と言う印象から抜け出せないと言えるでしょう。

    自分中心の考えが多い

    うるさい人は自分中心の考えが多くあります。常に自分中心の考えでいてしまうため、もしかしたら声が大きいかもしれない、こんな発言をしたらうるさいと思われてしまうかもしれない、というような予想や考えが浮かばないのです。

    また、他の特徴にもあるように、自分中心の考えや話題を周囲に押し付ける傾向にあるため、よりうるさいという印象を強めていると言えます。自分中心の考えは言動や声量だけでなく、振る舞いにも出るものであるため、うるさい人の最大の特徴だと言っても過言ではないでしょう。

    マイペース

    うるさい人の多くはマイペースです。マイペースの中でも自己中心的な考えのほうにベクトルが向いているため、うるさい人、自己中心的な人という印象が強まっていると言えます。

    また、このタイプのマイペースな人は基本的に自分中心であり、自分を客観視することもないため、周囲がいくら自分に合わせようとしてくれようとしていてもそれに気づきません。

    気づかない上に、自分の主張や自分の話題ばかりを大きな声や早口で話しているため、職場などの環境では疎まれ、嫌いだと思われることが増えてしまうと言えます。

    自信家でプライドが高い

    うるさい人の特徴には自信家でプライドが高いというものがあります。そもそもうるさい人の多くは自分がうるさいという自覚を持っていませんし、自信があり、プライドが高いからこそ「自分がうるさいはずない」という考えを持っていることも少なくありません。

    また、自信家でプライドが高い人の特徴の中には、自分本位であり自分の意見を押し付けがちというものがあります。これはうるさい人に共通することが多い特徴でもあるため、合わさることによってよりうるさい人という印象を強める原因になってしまっているのです。

    うるさい人は行動もうるさい!

    うるさい人の基本的な特徴を見てきました。うるさい人の多くは声の大きさや話す内容、考え方などに共通する特徴があるのがわかりました。

    しかしうるさい人はそういった特徴だけでなく、行動にも特徴や原因があるというのはご存知ですか?うるさいというと声の大きさばかりに注目されがちですが、特徴的な行動によって、その印象を倍増させているのです。

    行動が忙しなく落ち着きがない

    うるさい人の特徴には、行動が忙しなく落ち着きがないというものがあります。実は声のボリュームが人よりもやや大きいくらいだったとしても、行動に落ち着きがないと必要以上に声の大きさも大きく聞こえてしまい、うるさい人という印象を強めてしまうのです。

    また、うるさい人というのは周囲の人の気を散らす存在になりますが、落ち着きがない行動や仕草を取る人も周囲の気を散らす存在になります。そういったことも合わさり、行動が忙しくなく落ち着きがない人でもうるさい人と思われることが多いのです。

    ドアを締める音が大きい

    うるさい人はドアなどを締める音が大きいという特徴を持っています。うるさいというのは声だけでなく、そういった物音を立てる音にも該当するものであり、特にドアなどの大きな音は職場などに不快感を与えていきます。

    また、ドアなどを締める音が大きい=ドアを締める力が強いという印象にも繋がるため、ガサツというだけでなく、力加減が出来ない、物に平気で当たるという印象も強めていきます。

    うるさい人というのはそれだけで印象が悪くなるものですが、そういったことも含めるとさらに印象が悪くなり、やや人よりも大きな声を持つ人だったとしても、騒音レベルの声の大きさに感じてしまうことがあるのです。

    物を使う時の音が大きい

    ドアを締める音が大きいのと同様に、物を使う時の音が大きいのもうるさい人の特徴だと言えます。たとえば職場のデスクの引き出しを開ける時に大きな音を出したり、ファイルや書類を扱う時にも大きな音を出したり…そういった人はうるさい人という印象がつきやすくなります。

    また、物を使う時の音が大きい人というものは、うるさい人という以外にも良い印象を抱かれません。ガサツや周囲に気を配れないなど、他にも周囲から嫌いだと思われる行動や特徴が目立ち、疎まれるようになります。

    足音を強く立てる

    うるさい人は無意識に足音を強く立てる特徴があります。足音は意外にも気になるものになっており、一度気になってしまうとずっと気になり続ける厄介なものでもあります。

    うるさい人の多くは足音も強く立てることにより、周囲から悪い意味で注目を浴びる存在になります。一度気になった足音はずっと気になってしまうという心理も合わさり、たとえ接していなくてもうるさい人が身近にいるだけで気が散ってしまうということも増えてくるのです。

    人にぶつかることが多い

    うるさい人は自分の行動や仕草を客観視出来ないことが多いため、頻繁に他人とぶつかることが多いと言えます。しかしぶつかることが多くてもそれに対して気にすることはないため、謝ることもあまりせず、ただ不快感だけをその場に残すことになります。

    また、人にぶつかることが多い=落ち着かずガサツな行動や仕草が多いとも言えるため、余計にうるさい人という印象に拍車をかけていきます。たとえ黙っていたとしてもうるさいと感じてしまうため、嫌いだと感じてしまう人も増えていくのです。

    うるさい人はどんな心理?

    続いて、うるさい人の心理について見ていきましょう。うるさい人を黙らせる方法や対策法を知っていく上では、何故うるさい人がうるさいのか、その心理に注目をしていく必要があります。

    また、うるさい人には隠された一面があることも多いのが事実。その事実に注目をしていくことにより、うるさい人が何故うるさいのかというだけでなく、その人自身への理解を深めることに繋がります。

    話を聞いてほしい

    うるさい人の心理には、話を聞いてほしいというものがあります。特徴でもいくつか挙げましたが、自分の話や話題が中心になるというのも、自分の話を聞いて欲しいという心理があるからなのです。

    もしかしたら中には聞いているつもりなのに、職場なのにプライベートな話題は…と感じる人もいるでしょう。たしかに、うるさい人の心理が自分の話を聞いてほしいというものだったとしても、状況や環境を考えずに振る舞うのは正しいことではありません。

    しかし、うるさい人は話を聞いて欲しい、自分に興味を持ってほしいという心理だけでなく、強い欲求としても現れているため、周りの考えや職場での常識については【気づけていない】ことが多いのです。

    必要とされたい

    うるさい人は必要とされたいという心理や欲求を持っています。自分に注目をしてほしい、もっと自分を必要としてほしい、そういった心理や欲求が声の大きさや話題の選び方、行動や振る舞いに出てしまっていると言えるのです。

    この心理は話を聞いて欲しいという心理に似ていますが、中には必要とされていると感じられれば自己主張が控えめになるという人もいます。うるさい人は自己主張の激しさが周囲から迷惑がられる要因になっているため、控えめになれば快適に過ごせるようにもなると言えます。

    また、この心理を持つうるさい人は、実は自信がない人に多いという特徴があります。自信がなく、自信の付け方や周りとの接し方がわからず、だからこそ距離感や空気を読まずにうるさいと思われる行動を取ってしまうのです。

    場を楽しませようとしている

    実はうるさい人の中には、良かれと思ってわざとうるさい言動や行動に出ているという人もいます。この心理を持つ人は、基本的に行動自体はガサツという印象を受けることはないため、ただうるさい人との見極め方はそこまで難しくありません。

    この心理を持つうるさい人は、声を大きくすることによって場が盛り上がるのではないかという空回りした気遣いがうるさいという結果として現れていると言えます。また、沈黙した空間が苦手というのもこの心理の持ち主に多い特徴だと言えるでしょう。

    うるさい人は職場のみんなが嫌い?

    うるさい人の特徴や行動、心理について見てきました。うるさい人の特徴や心理を見ていくと、必ずしもそこに悪意があるというわけではないのがわかります。

    しかしそれでも不快だと思うのは事実であり、中には悪意がないのはわかっているけれど、うるさい、嫌いだと思う自分は心が狭いのではないか…と悩んでいる人もいるでしょう。

    実際うるさい人は職場などの環境でみんなに嫌いだと思われているのか、そういったポイントを見ていきましょう。

    仕事に集中が出来ない

    うるさい人が職場にいると、多くの人は仕事に集中が出来ないという理由から嫌いという気持ちに発展してしまうことがあるようです。たしかにうるさい人がいると仕事などの作業に集中が出来ませんし、効率が下がってしまうこともあるでしょう。

    また、仕事に集中が出来ないうるさい声というのは、仕事に関係のない内容や声の大きさだけとは限りません。誰かを必要以上に叱る、責める大きな声などを発している人がいると、うるさく感じ、その人を嫌いだと思うようになっていくのです。

    中には職場で密かに囁かれる女性同士の噂話などが一度耳に入ると、仕事に集中出来ずにうるさいと感じてしまうこともあります。意外に声の大きさが小さくても噂話をしているヒソヒソ話は耳に残るものであり、うるさいと感じる要因になることもあるのです。

    聞きたい人の話が聞けない

    職場では、うるさい人がいると聞きたい人の話が聞けない…ということが起こり、その人を嫌いになるということも少なくありません。職場では仕事の話から、職場内のこと、または親しい関係の人とプライベートな話題を話すこともあります。

    そんな中で自分本位の話ばかりされてしまえば、必要な話が聞けずに煩わしく見えてしまうのも事実です。また、それが仕事や職場に関することだった場合、自分の話ばかりされてしまえば、仕事に支障をきたすことも出てきます。

    不真面目な印象が気に障る

    うるさい人が職場から嫌いだと思われる要因で多いのが、不まじめな印象が気に障るというものがあります。うるさい人というのはそれだけで悪目立ちしてしまうため、良い印象がつきませんし、職場という場で不真面目に映ってしまいます。

    たとえ仕事の成績が良かったとしても、職場でうるさい声や振る舞いをしていれば、不真面目に映ってしまいます。また、他の人の仕事を邪魔しているという点ではマイナスな印象に急降下してしまうこともあるでしょう。

    うるさい人を黙らせる方法は?

    うるさい人に悩まされている人が最も知りたいのは、うるさい人を黙らせる方法や対策方法でしょう。黙らせる方法や対策方法を知っていれば、うるさい人との付き合いも少しは良くなるかもしれない…と思うものです。

    先程紹介をした特徴や心理を踏まえた上で、うるさい人を黙らせる方法や対策方法を実践していけば、少しずつでもうるさい人を黙らせることに成功していくはずです。

    また、黙らせる方法や対策方法は、時にうるさい人に対して「うるさい人物」という自覚をさせることにも繋がります。うるさい人の多くは自覚がない人も多いため、お互いの為にも試すことでより良い関係が築けるようにもなるケースもあります。是非チェックしていきましょう。

    うるさいことを伝える

    うるさい人にはうるさいと伝えてあげることも、黙らせる方法や対策方法になります。うるさい人はうるさいことに自覚がない人が多いため、うるさいと伝えることによって、うるさい人自身も気をつけられるようになっていきます。

    うるさい人は人に嫌いと思われることが多いため、自然と周囲には人がいなくなり、指摘してくれる人がいないのも多い傾向にあります。そのため、気づいたら人が周りからいなくなっており、うるさくなってしまう心理が強くなってしまうという連鎖に陥っているのです。

    うるさいことを伝える黙らせる方法というのは、相手からすれば嫌な思いに繋がることもあります。しかしそれでも気づける機会を与えてあげることは、自分にとっても、相手にとってもプラスに働く可能性が高くなるのです。

    心理を理解した行動を取る

    うるさい人の心理や意外な事実に注目をしてみると、うるさい人にはうるさい理由が隠されていることがあります。たとえば寂しい、注目されたい、話を聞いてほしいなど、うるさい理由に注目をした行動を取れば、それが黙らせる方法へと繋がることもあるのです。

    もちろん中にはただただ自分勝手な振る舞いからうるさい人になっているケースもあります。そういった場合には心理を理解して行動をしたところで、気づいてもらえないこともあるため、この黙らせる方法をする場合は見極めが必要だということを忘れてはいけません。

    この黙らせる方法で必要なポイントなのは、うるさい人を観察するということです。うるさい人が何を考えているのか、どうしてほしいのか…その心理や欲求に注目し、行動をすることによって、黙らせる方法は初めて効果を発揮していくのです。

    うるさい人を相手にしない

    うるさい人を黙らせる方法、そして対策方法になるのが、うるさい人を相手にしないというものです。うるさい人はたとえ相手にしなかったとしてもうるさいものですが、それでも我慢をして相手にしないことを徹底していけば、自然にうるさい人も距離を開けていくようになります。

    うるさい人は自覚がありませんし、言ったところで直そうという意識を持ってくれるとは限りません。中には反発をし、耳を傾けない人もいるでしょう。

    しかしそれでも相手にしない、むしろ嫌いという態度で接していけば、いくらうるさい人でも罪悪感や居心地の悪さを感じ、多少なりとも意識をするようになります。また、それがきっかけで周囲からの視線に気づくこともあるため、最終的な対策方法として試していきましょう。

    あなたはうるさい人になってない?

    うるさい人は周囲から嫌いだと思われることが多く、さらには自覚がないことが多い…それを聞くと、自分はうるさい人になっていないか不安に思えてしまうものです。

    自覚がないということはとても怖いものであり、悪意がないのに周囲から疎まれるというのはとても悲しいことでしょう。

    先程紹介してきた特徴や心理を踏まえた上で、これから注目していくことを意識して自分がうるさい人になっていないかを確かめていきましょう。落ち着いて振り返っていくことが大切です。

    自分の話をするのが大好きである

    うるさい人に自分がなっていないか確かめるためには、自分の話をするのが大好きかについて注目をしてみてください。ほとんどの人は自分の話をするのが好きだと言えますし、苦手なことはあっても嫌いという人はそういません。

    しかし自分の話をしたい、もっと聞いて欲しい、という欲求が強い場合や人と会話をする時にそのことばかりを考えているという場合には、うるさい人になっている可能性が高いと考えられます。

    自分の話をするのが好きというのは悪いことではありませんが、他の人も同じような欲求を持っているということを忘れてはいけません。他の人の話を聞くことが、自分の話を聞いてもらうことに繋がるため、意識してみるようにしましょう。

    人の話を遮ることが多い

    自分の会話を思い出してみて、人の話を遮るようなことがある、または思い当たることがある場合には周囲からうるさい人だと思われている可能性が高いと考えられます。

    たとえば誰かが「そういえば○○が」というような感じで話題を出してきた時、あなたはその話題について知っていた、または同じような経験があったとして「あ、それ私も知ってる!○○がさ…」というような感じで、自分の話に塗り替えていませんか?

    こういった感じで話が弾むこともありますが、それは相手も同じくらいあなたに対して話していることが条件になります。自分の話をし続けてしまうことにより、相手は話す機会を失い、嫌な思いへと繋がっていくのです。

    声が大きいと言われたことがある

    もし過去に何度か声が大きいと言われたことがある人は要注意。それは遠回しにうるさいから静かにして欲しい、という忠告だった可能性があります。これが大きいということは無条件で周囲からうるさいと思われるリスクもあるため、注意が必要なのです。

    また、うるさいという注意ではなかったとしても、誰かがうるさい声量だと感じている以上、他の人からうるさいと思われる可能性も高くなります。特に女性で声が高い人の場合はより人の耳に残るため、うるさいと思われることも増えてくるでしょう。

    そのため、たとえ周囲からうるさい人だと思われていなかったとしても、これからのために注意をしておくに越したことはありません。人によって声が大きいだけで不快に思う人や印象が悪くなる人もいるため、気をつけるようにしましょう。

    男の人はうるさい女の人は嫌い?

    よく男の人はうるさい女の人が嫌いというのを耳にするものです。また、女性=うるさい生き物という印象を抱いている男性も少なくないため、うるさいと思われたくない女性は、うるさい女性に対して男性が何を思うのかについて知っておくことも大切です。

    女性というだけでうるさいと思われたくありませんし、うるさいと思われるならば注意をしたいというのは誰もが思うことでしょう。うるさい女性として思われない対策のためにも、男性の意見をいくつか見ていきましょう。

    声が高い女性が苦手な男性も多い

    基本的に男性は女性の甲高い声に苦手意識を持つ人が多くいます。単なる女性の高い声には不快感を示さないものの、紹介してきたような特徴を持つ女性が甲高い声で喋っていると、うるさいと感じてしまうことが多いのです。

    実際男性に限らず、高い音に関しては不快感を表す人は少なくありません。女性の甲高い声と一緒とは言えませんが、蚊のモスキートーンが甲高く耳障りになるように、女性のただうるさい甲高い声には同じように耳障りと感じてしまうのです。

    また、甲高い声が苦手な人は男性だけではありません。女性の中にもうるさいだけの甲高い声を出す女性には苦手意識を持つ人が多いため、声が元々高い人はうるさい人にならないように特徴や注意点に気をつけ、対策をしていくと良いでしょう。

    おしゃべり好きもうるさい女性として見られることもある

    たとえ甲高い声じゃなくても、おしゃべり好きの女性に対してうるさいと感じる男性もいます。特に職場においては仕事とプライベートを割り切っている男性が多いため、職場でずっとおしゃべりをし続ける女性に対し、嫌悪感とうるさいという印象を持つようになっていくのです。

    特におしゃべりの内容も噂話や愚痴など、女性がよくするイメージの話題を頻繁にしていると、男性はよりうるさい女性という印象を強めていきます。

    職場以外ではあまりおしゃべり好きの女性はうるさいという印象を持たれないため、もし職場で仕事とは関係のない話題で喋ってしまうという人は、人目を気にするか、業務外の時間におしゃべりをするようにすると、うるさいと思われない対策を練れるようになります。

    お節介な女性もうるさい女性認定されることもある

    実はお節介な女性もうるさい女性と認定されることがあります。お節介な人は時にはありがた迷惑だと思われること、必要以上にその人に踏み込んでしまうことがあるため、うるさいと思われがちなのです。

    そのため、あまりにもお節介な女性が身近にいると、男性はうるさいというだけでなく、嫌いという印象を抱くようになります。お節介な女性は無自覚に上から目線になっていることもあるため、余計に嫌いと思われることが多くなるのです。

    対策としては人にあまり踏み込まないこと、尽くすことが全て良いことだとは思わないことです。特に母性本能を感じて年下の男性に対してお節介を焼いてしまう人は対策を意識しておきましょう。ただただうるさい、ウザイだけの嫌いな女性として見られてしまう恐れがあります。

    自分もうるさい人にならないように気をつけよう

    うるさい人は基本的に無自覚なので、無自覚さや心理、特徴を理解した上で接する、または対策をしていくことが大切です。特にうるさい人で身勝手な人は嫌いだと思われることも多いため、周囲か避けてばかりだと改善しないこともあります。

    黙らせる方法や対策を試し、うるさい人が気にならない日々を作り上げていきましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ