あなたは「迎え舌」してない?食事マナーの印象や治し方を解説!

    「迎え舌をしている芸能人が汚い」という話題で初めて知った人も多い「迎え舌」という食事マナー。知名度は低いですが、「舌を出しながら食事をするのは汚い!」と思っている人は多数!あなたは「迎え舌」していませんか?原因や治し方、指摘する方法などを紹介!

    迎え舌はマナー違反?

    食事の食べ方のマナー違反とされるものの1つ【迎え舌】。迎え舌は汚い、見ていて気分が悪い食べ方と言われることも多く、気をつけているという人も多いのではないでしょうか。

    しかし食べ方に関しては、マナーだったとしても慣れや癖があるとついつい出てしまうものです。迎え舌はマナー違反と言われることが多くあり、それはわかっているものの、治すに治せない…と悩んでいる人も少なくありません。

    また、迎え舌は他国において食べ方が汚いと思われてしまうこともあり、あまり歓迎されることではないと言われています。

    国によってはそこまで気にしないというケースもあるようですが、それでも日本ではあまり歓迎されない食べ方だと言えるでしょう。

    そこで今回は迎え舌について注目。迎え舌の意味や、原因、そして迎え舌を治すコツについても見ていきます。さらに、迎え舌になっていると言われている芸能人についてもチェックしていきましょう。

    「迎え舌」の意味は?

    迎え舌について見ていく前に、まずは言葉の意味について見ていきましょう。

    いくら汚い食べ方やマナーだと言われていても、そもそも迎え舌の意味がわかっていないとピンとこない人もいます。

    もしかしたら自分自身が迎え舌になっている可能性もあるため、自分の食べ方を思い出しながら迎え舌の意味について見ていきましょう。

    舌で食べ物を迎える食べ方

    迎え舌の意味は、食べ物を口に運ぶ際に口に食べ物を入れるのでなく、先に舌を突き出して食べ物をキャッチする食べ方のことを差します。

    意味を聞くと迎え舌と言われる由来も見えてくるでしょう。

    基本的に舌というのはあまり人目の晒すものではないため、堂々と舌を出して食べ物を迎える食べ方には、汚い、不愉快である、マナー違反だというような印象を抱く人が多いのです。

    迎え舌は日本ではマナー違反

    意味を知ると迎え舌の食べ方が見えてきますが、日本ではマナー違反の食べ方だとされています。

    基本的に日本では食べ方が汚い、一緒に食事をしていて不愉快な気持ちや心理にさせられる食べ方はマナー違反と捉える考え方があるため、舌を出す食べ方である迎え舌はマナー違反に該当するのです。

    国によっては日本とは違い、そこまで気にしないという国もあるようですが、それでも日本では歓迎されない汚い食べ方になっています。他の食事のマナー違反とされている、クチャクチャと音を立てて食べる食べ方のように多くの人が不快に感じてしまうのです。

    迎え舌が悪く思われる理由とは

    では具体的に迎え舌が何故汚い食べ方やマナー違反だと言われるのか、不快に思う心理について詳しく見ていきましょう。迎え舌の意味がわかると食べ方のイメージが湧きますが、イメージが湧いても汚い食べ方なのかな…?と疑問に感じている人も多いでしょう。

    実際迎え舌に関しては他の汚い食べ方と比べると気にならないという人もいるため、自身が迎え舌をしている場合も治す必要性が感じられないということもあるでしょう。

    そんな人のためにも、迎え舌が汚い食べ方やマナー違反だと言われる理由をいくつか見ていきます。言葉の意味から食事のイメージを浮かべながら、理由を踏まえてみると汚いと言われる理由への理解が深まるでしょう。

    舌が見えるのが気持ち悪く不快

    迎え舌が汚いと思われる理由には、舌が見えるから気持ち悪く、不快であるという意見が多くあります。そもそも舌というものはあまり人に見せるものではなく、たとえ迎え舌ではなくても、舌を出す仕草を不快に思う人は少なくありません。

    そういった理由もあり、さらに食事という場で舌が見えるのはより気持ち悪く感じてしまうものなのです。

    中には迎え舌は舌が見えるのはセクシーである、という意見もありますが、それも決して多いものではなく、基本的に舌が見える行為や仕草=不快という印象が強いと言えます。

    口の中の食べ物が見えてしまう

    たとえば食事中、一緒に食事をしている人の口の中に入れて噛んだり舐めたりした食べ物が見えたらほとんどの人が気持ち悪いと思うでしょう。口の中のものはぐちゃぐちゃになっていますし、唾液や食べ物自体が混ざり合い、気持ち悪い存在になってしまっているものです。

    迎え舌は確実に口の中が見える行為ではありませんが、もしかしたら見えるかもしれないという可能性が他人を不快にさせてしまっていることがあります。また、舌に食べかすなどが付着していた際には当然気持ち悪いと思われてしまうことになります。

    迎え舌は舌が見えるというだけでなく、口の中が見えてしまうかもしれないという可能性を考えると気分が害される行為として、人から嫌がられてしまうのです。

    そもそもマナー違反の意識が強い

    迎え舌に対して具体的に嫌なところがなかったとしても、そもそもマナー違反である、舌を見せる行為は下品である、という意識や印象があるからこそ問答無用で不快に思えてしまうものなのです。

    人の意識や印象というものは、自分や周りが思っている以上に自分の気分や考えに大きな影響を及ぼすものです。

    たとえ、それまで迎え舌に対して不快だと思わなかったとしても、迎え舌はマナー違反であり不快な行為であるという印象や意識を知ってしまうと、その時点で迎え舌を不快に思えてしまうようになるこ場合もあるのです。

    迎え舌になってしまう原因は?

    迎え舌の意味やマナー違反や不快だと思われる理由について見てきました。しかし食べ方というものは無意識にやってしまっている癖でもあるため、なかなか治そうと思っていても治せないということがあります。

    その場合はどうすればいいのか、まずは迎え舌になってしまう5つの原因や心理について注目していきましょう。

    普段から口呼吸をしている

    迎え舌になってしまう原因には、普段から口呼吸をしているというものがあります。口呼吸の意味は通常鼻で息をするものが、口から息を吐いたり吸ったりしてしまう行為のことを差します。

    普段から口呼吸をしてしまっている人は、口で呼吸をすることに慣れてしまっているため、そもそも口を閉じるということに対して苦手意識や心理が働いていることがあります。

    迎え舌も口を開けて行う食べ方なので、呼吸しやすいようにという心理が働いてしまい、迎え舌になってしまうと考えられます。また、この原因の人は他にも食べ方のマナーが汚いと言われる行為をしているケースが多いため、注意が必要です。

    顎の力が弱い

    顎の力が弱いと迎え舌になりやすいと言われています。顎の力がないと、口を閉じるという行為に対して苦手意識や心理が働いてしまい、無意識のうちに口を開けてしまう、食事の際は迎え舌をしてしまうということが多くなるのです。

    この原因の根本にあるのは、幼少期が関係していると言われています。小さい頃に柔らかいものばかりを食べていた場合やよく噛んで食べる週間がない場合などは、顎の力が弱まってしまい、それが迎え舌の原因になっているケースもあるのです。

    歯並びが悪い

    歯並びが悪いと迎え舌の原因になってしまうことがあります。歯並びが悪いことによって、歯のかみ合わせは悪くなってしまいます。これにより、口を閉じることに対して不快感や、閉じにくいというような障害が生まれてしまい、それが迎え舌に繋がることがあるのです。

    特に日本では、外国ほど歯に気を使う人はいないと言われており、それによって歯並びが悪いまま大人になっているという人も少なくありません。そんな状態で過ごしているため、迎え舌が食べ方の癖になってしまっていることもあるのです。

    こぼさないようにという心理が働いている

    迎え舌の原因や心理には、食べ物をこぼさないようにしたいという心理が働いていることがあります。これはまさにマナー違反とは逆の意味を持つ心理であり、こぼす行為がマナー違反で汚いと思われるから、それを防ぐための迎え舌をしようとしているのです。

    この原因は心理の問題なので、迎え舌の意味や汚いという印象を知らない可能性が高いと考えられます。また、迎え舌をしないとこぼしてしまうかもしれないような食べ方をしているとも考えられるため、他に原因が隠されていることもあるでしょう。

    食べる時のひとくちが大きい

    迎え舌の原因には、食べる時のひとくちが大きいというものがあります。口の中に入れられないほどの量を食べようとしているため、こぼしそうという心理や食べづらいという心理が働いていき、迎え舌で食べ物をキャッチしようとしているのです。

    また、食べる時のひとくちが大きい人は、あまり食べ物を噛まない癖があるという場合が多くあります。そういったことから顎の力が弱まっている可能性もあり、それが迎え舌をさらに悪化させてしまっている場合も中にはありえるのです。

    今からできる!迎え舌を治すコツ

    迎え舌の原因や何故迎え舌をしてしまうのか、その心理や意味について注目をしてきました。原因を知ることにより、迎え舌をしてしまう人に対しての理解や誤解をしていたということに気づけた人も多いでしょう。

    迎え舌は決して自分だけが原因でないことが多いため、だからこそ本人が気づいていないことが多いとも考えられるのです。

    そんな迎え舌を治す方法やコツについて、5つのものを紹介していこうと思います。迎え舌に悩む人、または身近に迎え舌をしている人がいたら、心理を理解しつつ治す方法で改善をしていきましょう。

    口の中に食べ物を入れるという意識をする

    迎え舌を治していく方法としては、口の中に食べ物を入れるという意識をするというのが重要なポイントになっています。

    意味を見てみてもわかりますが、迎え舌というものは舌で食べ物をキャッチしてしまっているからやってしまう行為なので、口の中に入れるということを意識すれば少しずつ改善の道を歩めるようになるのです。

    意識の問題なので自分がどれだけ食事の際に忘れずに心掛けられるかがポイントになっていますが、迎え舌の印象は自分が思っている以上に悪いため、そういったリスクや周囲からの印象を思い返してみると忘れずにいられるようになるでしょう。

    一度に食べる量を少なめにする

    迎え舌の原因でも挙げた通り、一度に食べる量が多いと迎え舌になってしまう可能性が高くなってしまいます。そのため、一度に食べる量を少なめにすることを意識すれば、迎え舌をしてしまうリスクを下げられると言えます。

    また、一度に食べる量を少なくするという食べ方は、迎え舌の改善だけでなく、ダイエットなどにも効果的だと言われています。一度に食べる量が少ないと、それだけ口に食べ物を運ぶ回数が増えていき、心理的に満腹感を得やすくなりやすいと考えられているのです。

    迎え舌だけの改善だと考えるとつい食べる量を意識することを忘れてしまいますが、ダイエットにも良いかもしれない…と考えれば意識もしやすくなるため、是非参考にしてみてください。

    よく噛んで食べることを心掛ける

    迎え舌を改善していくためには、よく噛んで食べることを心掛けていきましょう。迎え舌の原因でも挙げた通り、顎の力が弱いと迎え舌になりやすいと言われているため、顎の力をつけて迎え舌を改善させようと試みることも大切なのです。

    また、よく噛んで食べるということも心理的に満腹感を得やすいと考えられています。さらに消化もしやすくなるため、ダイエットにも効果的だと言われており、食べる量を調節する改善方法同様に、ダイエットや健康を意識してやってみるのもおすすめです。

    鏡を見ながら食べ方をチェックする

    迎え舌は食べ方の癖や心理的な問題なので、意味や印象が悪いとわかっていてもなかなか治せないでもあります。

    そんな人は是非鏡を見ながら食事をしてみてください。自分一人で食事をする際、または治したいことを伝えて周囲の人に理解を得ながら、鏡を置いて自分の食べる姿をチェックしてみると、自然に迎え舌を注意出来るようになっていきます。

    また、迎え舌をしてしまった際も自分で印象を確かめられるとも言えます。自分自身で見るよりも、他人から見た時の印象は何割増しも悪いものになっているため、もし少しでも不快感を得たのであれば、それ以上に周りは不快なのだと意識し、より注意をしていきましょう。

    鼻呼吸を心掛ける

    迎え舌の原因を見てみると、呼吸が関係しているのもわかります。もし、普段から口呼吸をしている、または指摘をされた経験があるという人は、呼吸を変えることが迎え舌を改善することに繋がる可能性も十分にありえます。

    特に口呼吸をしている人は、睡眠時にイビキがうるさいという特徴を持っています。そのため、イビキがうるさいと言われた経験がある人は、迎え舌をしている可能性も高いと言えます。

    呼吸も食べ方同様に癖なのですぐに治していくことは難しいかもしれませんが、口呼吸は様々な障害や弊害を生むとも言われているため、迎え舌ためだけではなく、広い意味で治していくことを考えてみると良いでしょう。

    子供の迎え舌を治すには?

    迎え舌の原因でも紹介をしましたが、原因には子供の頃の食生活が関係しているということもありえます。また、子供の頃から迎え舌をしていると、大人になってもなかなか治せないケースもあるため、子供が迎え舌をしていたら早めに治していくことがおすすめです。

    そこで、子供が迎え舌をしていた際にそれを治す方法について5つのものを紹介していきます。子供の迎え舌を治したいと考えている人は、是非参考にして試してみてください。

    汚い食べ方なのだと教える

    子供の迎え舌を治すためには、そもそも迎え舌は汚い食べ方であり、マナー違反なのだと教えてあげることがとても大切です。子供は大人ほど知識や経験はありませんし、迎え舌がどういう意味なのか、どんなものなのかについて知りません。

    大人でもそうですが、知らないことを気をつけることは出来ませんし、言われなくては治すことも難しくなります。

    子供だから当然食事のマナーや意味については理解していないと考えて、子供が迎え舌をしていたら、迎え舌の意味や周りからの印象について教えてあげるようにしましょう。この時叱るように教えるのではなく、優しく教えてあげることが大切です。

    正しい食べ方を褒める

    子供が迎え舌をしていたら、正しい食べ方を教えて、それをどんどん褒めてあげましょう。子供はまだ何が良いことなのか、悪いことなのかについて知りません。そして褒められたことに対して自信を持ち、繰り返しやっていく中で意味を知ることになっていきます。

    迎え舌をしていたら、まずは叱らずに正しい食べ方を教えてあげましょう。その教えていく中で子供が正しい食べ方をしていたら、存分に褒めてあげることにより、子供は次から迎え舌をせず、正しい食べ方を意識するようになります。

    子供を上手く褒めていき、心理的に迎え舌を治せるように誘導していきましょう。

    よく噛んで食べることを言い聞かせる

    子供が迎え舌をしていたら、浴感で食べることを言い聞かせてみるのもいいでしょう。原因でも挙げた通り、よく噛んで食べないことが迎え舌を引き起こしている可能性が考えられます。

    特に子供はたくさんご飯を食べたい、または早くご飯を食べ終わりたいという理由からよく噛まずに食事をしていることもあります。

    もし子供が迎え舌をしていたら、まずは噛む回数を様子見てみると良いでしょう。その上で噛む回数が迎え舌の原因ならば指摘をしていき、他に原因がある場合には別の方法でアプローチしていきましょう。

    柔らかい食べ物ばかりを与えない

    迎え舌の原因には、柔らかい食べ物ばかり食べた結果、顎の力が発達せずに迎え舌になってしまっているというケースもあります。特にこれは迎え舌だけでなく、口呼吸や常に口を開けてしまうという癖にも繋がってしまうため、早めに治したほうが良いものでもあります。

    そういった様々なデメリットがあるため、子供には柔らかい食べ物ばかり与えるのは控えるようにしましょう。かといって硬い食べ物を与えれば良いというわけではありませんが、年相応の食事に意識をしてみるようにすると顎の発達に繋がる可能性が高くなります。

    歯並びを治す

    歯並びも迎え舌の原因になることがあり、迎え舌の悪さは口を常に開けてしまう、口呼吸の原因になってしまうことも少なくありません。そのため、子供の歯並びに注目をして、もし歯並びが悪いようであれば早めに歯医者で治療をするようにしましょう。

    子供の多くは歯医者が苦手だと言われていますが、それでも子供の将来のためにも歯医者に通わせて歯並びを治すことが大切です。歯並びは大人になってからでは治す機会がないと言う人も多いため、子供の間に治しておくことがおすすめです。

    迎え舌以外にも食事のマナーはたくさん

    迎え舌は汚い食べ方でありマナー違反である…しかし迎え舌以外にも汚い食べ方でマナー違反だとされているものはたくさんあります。

    今回は迎え舌の他に、5つのマナー違反、そして守るべきマナーについて紹介をしていきましょう。迎え舌の他にマナーが気になるという人は是非注目して、日頃から気をつけてみてください。

    クチャラー

    クチャラーはとにかく汚い食べ方であり、絶対に一緒に食事したくないと思われると言っても過言ではない存在です。意味は食べ物をクチャクチャと音をさせながら食べるという食べ方になっていて、音も食べ方も全てが汚いと思われています。

    クチャラーは幅広い年代に見られる食べ方ですが、特に高齢者や顎の力が弱い人に多いという特徴があります。高齢者に関しても顎の力が弱っている分、噛む時に音を鳴らしてしまうことが増えてしまっているのです。

    しかし、必ず音が鳴ってしまうものでもないため、気をつければ音はなりません。とにかく食事のマナーでは最も守って欲しいと思う人も多いものになっているため、自分はクチャラーにならないように気をつけましょう。

    携帯を見ながら食事をする

    意外にマナー違反している人が多いのは、携帯を見ながら食事をするというものです。携帯を見ながら食事をするというのは見ていて不快に思う人が多い反面、意外にやっている人が多い食べ方でもあります。

    また、この食べ方に関しては気にしないという人もいますが、誰かと食事をする際にこの食べ方をしてしまうと、相手を不快な気分にさせてしまう可能性が高いため注意が必要です。

    特にスマホを普段から常にチェックしてしまう癖がある人は、無意識のうちに食事中もスマホを見ている可能性が高いため、気をつけてみるといいでしょう。

    ソースに食べ物を二度付け

    汚い食べ方として不快な気分にさせてしまう食べ方なのが、ソースなどに食べ物を二度付けするというものです。これは誰かとソースやディップをシェアしている際に不快に思われる食べ方になっていて、自分だけがそのソースを使っている場合には問題ないことが多いものでもあります。

    誰かとシェアをしているソースやディップの二度付けというものは、衛生的な観点から汚いと思われる行為になっています。たとえ口をつけていない部分だったとしても、口をつけた食べ物をつけた行為には変わらず、不快にさせてしまうのです。

    勝手に自分好みの味付けをする

    勝手に自分好みの味付けをするというのは、よく食事のマナーの問題で注目されている話題です。からあげに勝手にレモンをかけるのはNGである、それとも気にしない…そういった話を耳にしたことがある人も多いでしょう。

    勝手に自分好みの味付けにするというのは、他の人の食事の楽しみを奪ってしまう行為になりかねません。また、誰かの手料理を食べる際に味付けを勝手にしてしまうと、作ってくれた人が不快な思いをしてしまうこともありえます。

    そのため、もし味付けをするのであれば必ず食べ物をシェアしている人、または作ってくれた人に承諾を得てからするのがマナーです。また、シェアする食べ物の味付けを断られた場合には取り皿に取り、自分の分だけ味付けをするようにしましょう。

    ねぶり箸

    意外に多くの人がやっているマナー違反の食べ方なのが、ねぶり箸です。これは箸を舐めるという行為になっていて、無意識のうちにやってしまっている人が多いため、誰もが気をつけたほうが良いマナーだと言えます。

    箸を食事を運ぶ以外で舐めるという行為は、汚いという印象が強い行為になっています。特にその箸でシェアする食べ物を取り分ける場合には、舐めた箸で食べ物をつつかないでほしい…とほとんどの場合思われてしまいます。

    迎え舌をしてしまっている芸能人!

    最後に、迎え舌をしてしまっている芸能人について注目をしていきましょう。芸能人と言えばグルメ番組などでよく食べ方が注目されており、綺麗な食べ方は好感度アップに繋がり、逆に汚い食べ方やマナー違反をしている人は一気に好感度が下がってしまうことがあります。

    迎え舌の印象を確かめていく上でも、芸能人の迎え舌をしている姿に注目をしていくのは、自分で治していくためにもおすすめだと言えます。

    今回は迎え舌をしていると言われている芸能人を何人か紹介していくので、迎え舌についてさらに理解を深めたいという人は是非注目してみてください。

    迎え舌をしている男性芸能人

    迎え舌だと言われている男性芸能人で有名な人と言えば【キムタク】。キムタクは料理番組をやっていたということもあり、グルメに近い存在としても知られていますが、その分迎え舌をしていることでも有名になっています。

    また、キムタクの他にも男性芸能人アイドルには相葉雅紀さんや大野智さん、亀梨和也さんや手越祐也さんなど…キムタクの他にも人気で有名なアイドルが多数迎え舌をしていると話題になっています。

    キムタクの場合はアイドルというよりも俳優というイメージが強いため、キムタクの迎え舌はちょっと…と感じている視聴者は多い様子ですが、その他のアイドル芸能人の場合にはセクシーという声も多く、キムタクとは違った印象を持たれているようです。

    さらに最近ではキムタクの他にも手越祐也さんや大倉忠義さん、藤ヶ谷太輔さんも迎え舌をしていると話題になっています。キムタクや先程挙げた芸能人と比べて今までテレビなどで食事をする姿が見られていなかったので、最近になって注目されたようです。

    また、中にはキムタク同様に食べ物のイメージが強く様々な料理のCMにも出ている山口智充さんも迎え舌芸能人として有名です。山口智充さんの場合CMでも迎え舌を披露しており、キムタク同様に迎え舌の代表的な芸能人として見られることが多い様子。

    さらにキムタクを代表とした芸能人以外に注目をしていくと、司会などを多く務める設楽統さんや人気芸人の宮川大輔さんも迎え舌をしていることで有名です。こちらもアイドル芸能人同様に、最近になって食べ方が注目されてきた存在なので、今後はキムタクのように迎え舌が特徴的な芸能人として見られる可能性も高いかもしれません。

    実は女性芸能人にもいる迎え舌

    迎え舌の芸能人と言うとキムタクが有名ですが、実は女性芸能人にも迎え舌をしていることで有名な人がいます。その有名な女性芸能人というのが、男女問わず人気がある武井咲さんと大島優子さん。2人とも人気の芸能人というだけあり、迎え舌にはショックを受けている人が多い様子。

    武井咲さんと大島優子さんの場合、女優業がメインとなっている芸能人なので、ドラマやバラエティ両方で活躍をするキムタクなどの男性芸能人のように、食事風景がテレビで放送されることはほとんどありません。

    だからこそバラエティ番組などに武井咲さんや大島優子さんが登場した際には食事には注目が集まり、迎え舌だとわかってネットでは大きな話題となりました。武井咲さんも大島優子さんも可憐なイメージが強いため、迎え舌にギャップを感じてしまった人が多いようです。

    特に女性芸能人である武井咲さんや大島優子さんの場合、キムタクを始めとした男性芸能人よりも食べ方に対する周囲の理想や想像というものが良い印象であることが多いため、迎え舌をしている武井咲さんや大島優子さんにはある意味期待が裏切られたと感じる人が多いと考えられます。

    また、武井咲さんや大島優子さん以外にも人気芸能人である指原莉乃さんやアナウンサーの高樹千佳子さんも迎え舌で食べ方が汚いと有名な人物です。特に2人は武井咲さんや大島優子さんよりもバラエティ番組に出る機会が多いため、迎え舌が話題になりやすいようです。

    ただしこの2人に関しては武井咲さんや大島優子さんよりもバラエティ色が強いという一面もあり、今では特徴のように思われているとも言えます。その分武井咲さんや大島優子さんよりも迎え舌をした際には「またか…」というだけのようで、そこまで話題にはならない様子。

    大島優子さんや武井咲さん、そして女性芸能人ではありませんが迎え舌のイメージが強いキムタクの場合、とにかくドラマ色が強いからこそ食べた時の悪い意味でのギャップが衝撃的であり、迎え舌の芸能人=大島優子さん、武井咲さん、キムタクというように思われてしまうのだと考えられます。

    大島優子さんや武井咲さんは芸能人ですが、たとえば食べ方が綺麗そうな知人や他人が迎え舌などの汚い食べ方をしていたら、その分強烈に印象として残るものです。逆にバラエティ色強い人の場合は、大島優子さんや武井咲さんのような印象が残りにくいと言えるわけなのです。

    大島優子さんの武井咲さんも最近ではそういった番組には出ていませんし、迎え舌の芸能人=大島優子さん、武井咲さんというように話題にもなっていたので、今では改善されているかもしれません。今後食事シーンが放送される場合には、注目して見てみましょう。

    迎え舌を治してマナー良く食事!

    迎え舌の意味や心理、原因や治し方について注目をしてきました。迎え舌は人気芸能人でもあるキムタクや武井咲さん、大島優子さんのように誰もがやってしまっている可能性が高い食べ方でもあるため、自分自身も無意識のうちにやっているかもしれません。

    迎え舌をやっているかもしれないと気になる人は原因に注目をして当てはまる場合には注意をしてみると良いでしょう。また、迎え舌で有名な武井咲さんや大島優子さん、そしてキムタクの食事シーンに注目をしてみると、より理解も深まるためおすすめです。

    迎え舌は言われないと気づかない癖とも言えるので、もし自分は大丈夫でも周囲に迎え舌をしている人がいる場合には、それとなく教えてあげると良いでしょう。誰もが不快にさせたくて迎え舌をしているわけではありません。気持ちの良い食事の場を作っていきましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ